餅を網で焼いたら美味すぎた!「パール金属 こんがり上手 角型 もち焼き」がおすすめ

もうすぐ年末年始ということで、この時期に欠かせないのがお餅ですね。

私の家ではお雑煮を新年の朝に食べるのが毎年の習慣になっています。

ちなみ名古屋系の雑煮で正月菜に餅とかまぼこのシンプルな雑煮です。

さてそんなお餅ですが、個人的には焼いて食べるのが好きです。昔は石油ストーブや火鉢などで焼きましたが最近はトースターやフライパンが主流ですね。

個人的に網で焼きたかったので、今回はパール金属の焼き網を購入してみました。

パール金属 こんがり上手 角型もち焼 H-6505

今回はパール金属製の焼き網を購入してみました。

近所のスーパーでひっそりと売られていて、これならコンロで餅が焼ける!と思ったので、勢いで購入してみました。

しかしAmazonではこれの丸型が人気みたいでした……丸型はランキング1位で角型は103位…ただ機能的には同じなので気にしない事にします。

確かに丸型のほうが可愛い感じはしますね。収納のしやすさはどうなんでしょうか?

こんがり上手 角型もち焼のちょっとしたスペック

商品名 ?こんがり上手 角型もち焼 H-6505
製品サイズ 約210x210x20mm
熱源 ガスコンロのみ

特徴としては

  • 焼き網がフッ素加工でこべりつかない
  • ネットプレートセラミック加工なので炭火に近い焼き上がり

※注意事項としてカセットコンロでの使用はNGみたいです。理由としては輻射熱でカセットボンベが爆発する恐れがあるみたいです。

私はこの注意文を見落としてカセットコンロで使用してしまいましたが、危険なのでカセットコンロでは使用を避けてください

それとSiセンサー付きのコンロの場合はセンサーを解除しないと途中で停止することもあるので注意が必要です。

外観のチェック

まずはどんな感じの商品なのかチェックしてみましょう。

ぱっと見た感じは普通の焼き網といった感じですね。

上の網はフッ素加工がしてあるのか黒色ですね。フッ素加工のおかげで餅がこべりついても簡単に落とせる落とせるみたいです。

編み目も細かいので餅が落ちたりとかそういった心配もなさそうです。

下のプレートは網状のネットが配置してあり、セラミック加工がしてあるので美味しく焼きあがるみたいです。

実際に餅を焼いてみる

今回はサトウの切り餅を焼いてみました。このお餅は切れ目が入っていていい感じに焼くことができました。

それではコンロに網を載せます。今回は間違えてカセットコンロを使用していますが、危険なのでガスコンロで使用してください

一番最初に使用する際には1~2分空焚きする必要があります。その間に若干臭くなるので注意しましょう。

火を付けると下のセラミック加工されたネットプレートが赤くなっていますね。

Point火力は中火以下にしよう。強火だと網のフッ素加工や本体にダメージを与えるみたいです。

餅を焼いてみる

それでは実際に餅を焼いてみました。火力は弱火に設定して焼いてみます。

編み目が細かいのでお餅が落ちたりしないので安心です。

網にのせて1~2分で片方の餅が焦げてしまいました。

コンロにもよると思いますが結構場所によってムラがありますね。

餅をひっくり返してから2分くらいすると餅がふっくらと膨らんできました。

この膨らむ感じが焼き餅って感じでいいですね。

さらに膨らんできたのでこの辺で火を落として餅をお皿に移しました。

網にはほとんど餅がくっつかなくて、裏返す時も特に問題なくひっくり返せました。

すこし焦げてしまいましたが、これが網焼きの醍醐味でもありますね。

外はカリッと中はもちもちした感じがたまりません。

私は醤油のみで食べるのが好きですが、我が家の定番は砂糖醤油ですね。この状態でもう一度焼いても良いかなと思いました。

餅の方はしっかりと焼けていてとても美味しかったです。外がカリッとしているのが、好きな人にとっては焼き網で焼くのをオススメします。

Point火力調整が難しいので最初は弱火で試してるといいでしょう。

洗うのも簡単

餅を焼いた後に網をスポンジと洗剤で洗ってみたのですが、網に若干ついた汚れは簡単に落ちました。ただ網が細かい分スポンジでこするとスポンジが削れるので軽く擦るようにしましょう。

下の網は汚れると大変だとは思いますが、上の網が細かくてそこまで汚れることは無いと思います。

もし下の網が汚れた場合はたわし等でゴシゴシするといいみたいです。

使ってみて気になったポイント

お餅自体はとても美味しく焼けてすごい良かったのですが、いくつか気になる点があったので紹介したいと思います。

使用機器がかなり限られる

この焼き網が使えるのはガスコンロのみです。カセットコンロもNGです。しかもセンサーコンロの場合はセンサーを解除できないと途中で火が消える場合があります。

というわけで家のキッチンがIHだったりセンサーコンロの解除ができないタイプでは使えません。

ちなみにIH対応の商品もあるみたいですが、200V用の機器でないとうまく焼けないみたいです。

本体の剛性が乏しい

網や本体とも薄い鉄のプレートで出来ているので熱を入れると歪みがでました。他にも手で軽く捻る事もできるので本体の剛性は低いと感じました。

餅を焼くにはそこまで問題ないので価格とのトレードオフかなとも思います。

まとめ

今回はパール金属の「こんがり上手 角型もち焼」を使ってみましたが思った以上に美味しく焼くことができてビックリです。網も細かくて洗いやすのでとても便利でした。

安いこともあって本体が若干ヤワな感じはしますが、それでもコスパは良いように感じます。特に餅はカリッとしているのが好きな人は一度試しに買ってみても良いかもしれませんね。

シェアする

おすすめの記事