ぺんてる グラフギア500をレビュー!カッコいい&コスパ最強の製図用シャープペンシル!

スポンサーリンク

どうもこんにちはトコログです。

前回グラフ1000をレビューしたのですが、トコログが色々なシャープペンシルについて興味を持ち始めてたキッカケはグラフギア500なのです。

近所のお店の文房具コーナーで見つけたグラフギア500があまりにもカッコいいので衝動買い!しかもコスパがめっちゃ良くてとても気に入ってます。

その時は0.3を買ったのですが、追加で0.9を買いました!この0.9もかなりのお気に入りです。
ということで今回はグラフギア500についてレビューをしていきたいと思います。

スポンサーリンク

ぺんてる シャープペン グラフギア500

ぺんてる シャープペン グラフギア500です。
トコログが所有しているのは0.3と0.9。グラフギア500は0.3/0.4/0.5/0.7/0.9と芯経が揃っているので、自分の好みに合わせて選択できるのはありがたいですね。

ぺんてる シャープペン グラフギア500のスペック

製品名グラフギア500
メーカーぺんてる
サイズ軸径 10mm ×奥行 8mm × 長さ 147mm
重さ14g
芯径0.3/0.4/0.5/0.7/0.9 mm
材質軸:再生ABS / グリップ:真鍮
クリップ:鉄 / 先金:真鍮 / ノック:真鍮、POM、ABS
替消しゴム品名Z2-1N
生産国日本

ぺんてる シャープペン グラフギア500をレビュー

それでは早速グラフギア500をレビューしていきたいと思います。

全体的なスタイルはこんな感じ。
シルバー色の軸に、金属製の先金、グリップがとってもカッコいいですね。

全体をバラしてみるとこんな感じです。
先金とグリップ部分が一体形状になっているのはグラフギア500の特徴ですね。

まず先端4mmのガイドパイプになっています。そしてヘッドの形状がカッコいい。ステップヘッドもいいけどこのシュッと先に向かって細くなっていく形状もいいです!

そして先金とグリップ部分が一体型の形状で素材は真鍮が使われています。
たぶんクロムメッキだと思うのですがテカテカのピカピカ系ではなくマットな質感でパッとみアルミっぽい感じがとっても良いです。まるでApple製品みたい。

グリップ部分ローレット加工が施されており、このローレットが細かくなめらか触った感触が良好。グリップ力もそこそこ高いのでギュッととまってくれるのもポイント。
ただ金属製で良く止まるので、強めに握って長時間使うと指が痛く感じ場合もあるかもしれません。

クリップ部分は鉄製の一般的なクリップですね。このタイプは全長が長く指にあたったりして邪魔なので個人的にはあまり好きではありません。グラフ1000の奴がいいなぁ~。

キャップ部分は芯の硬度を表示できる表示窓があります。
表示できるのは4H・3H・2H・H・HB・B。

軸部分は再生ABSが使用されています。形状は六角形。
パッと見た感じはシルバーでそれなりに見えますが、よくよくみると樹脂特有のムラが見えたりするので少し安っぽい印象もありますね。

実際に使ってみた感想

それではこのグラフギア500を実際に使ってみた感想を紹介したいと思います。

軸とクリップが安っぽい

グラフギア500はパッと見た感じはとってもカッコいいのですが、よく見ると軸にムラが出てたり細部の仕上げが若干雑な印象です。

それとクリップも単純な形状で、他の一般的なシャープペンシルに比べても安っぽい印象を受けてしまいます。しかもこのクリップは鉄製なので後々錆びてくることがあるのも懸念ポイントの1つです。

ローレット部分がいい感じ!でも痛くなる!

このグラフギア500はローレットとしては滑らかでとてもいい感じ
他製品と比べても滑らかであたりが柔らかい印象です。

それでも金属部品という事で長時間、筆記などをしていると指が少し痛くなってきます
逆に絵や図形を書く時は筆記と比べて柔らかく握るのでこちらの場合は長時間使っていても痛いと感じることはありませんでした。

しかしこの価格帯でローレットグリップを採用したシャープペンシルが買えるのは素晴らしいですね。

軽量・低重心で書きやすい

グラフギア500の重量は14gと軽量です。先金とグリップ部分は真鍮製ですが、軸がABS樹脂という事で軽く抑えられています。

そして重心もかなり下にあるので、筆記から製図用途でも使いやすいと思います。
それに先金とグリップが一体で作られているので、剛性感もいい感じ。

見た目がカッコいい!そしてコスパが最強!

そしてなんといってもグラフギア500は見た目がカッコいいですよね。
細軸のシュッとしたシルエットに、先金とグリップが一体形状の金属素材で、ローレットシンプルでいい感じです。

それでいて定価500円!Amazonで買えば300円台という圧倒的コスパの良さ!芯経も豊富でこれはついつい買いたくなってしまうシャープペンシル。

まとめ

という事で今回はグラフギア500についてレビューしてみました。
定価500円でローレット先金一体型は素晴らしいです。そしてかっこいい!
個人的にはグラフギア1000より500の方が見た目は好きです。

芯経も豊富で、揃えやすいのがありがたいですね。0.9なんてマニアックな芯経はなかなかありませんし。初めての製図用シャープペンシルには最適の一本なんじゃないでしょうか。

グラフギア500 まとめ
  • ローレットがかっこいい!でも指痛いかも
  • 軸とクリップは安っぽいかも
  • でも全体的な見た目はとってもカッコいい!
  • 芯経が豊富で好みの太さを選べる!
  • 低重心で書き心地は良好!筆記も製図もしやすい!
  • コスパは最高クラス!
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シャーペン
スポンサーリンク
Amazonギフト券を現金チャージで2.5%還元
Amazonの買い物はAmazonギフト券チャージタイプがオススメ!チャージする都度、最大2.5%のポイントが貯まるのでお得です。
トコロ

無職だけど一生懸命生きています!
岐阜県在住の無職のブロガー。
主に製品やウェブサービスのレビューをしてます。

商品レビュー依頼承ってます。
ご相談はお問い合わせかTwitterのDMからお願いします。

トコログ

コメント

スポンサーリンク