【PS4】PS VITAのリモートプレイが便利すぎてペルソナ5が捗った!

新型PS4(PS4スリム)とペルソナ5の同梱版を買ってから数日が経ちました。

最近は寝る間も惜しんで狂ったようにペルソナ5をやっています。

そして寝る寸前までやりたくてリビングのソファでプレイしているのですが、気がつけばソファで寝落ちなんて場合もあります。

これじゃ体に悪いしなんとかしようと思った時に閃きました。

VITAのリモートプレイなら布団で遊べる!そのまま寝ても布団で健康的に寝れる!

というわけで早速VITAでリモートプレイをしてみました。

PS4のリモートプレイはPC・VITA・Xperiaで出来る

PS4のリモートプレイに対応した機器は基本的に三種類でPC(Windows・MAC)とPSVITAとXperia(Android)になっています。

私の環境ではXperiaを所持していないので、VITAとPCのみとなります。

今回は寝ながらプレイという事でVITAを使用したリモートプレイについて紹介したいと思います。

PC版でリモートプレイをしてみた記事もあるので参考にしてみてください。

PCでPS4をリモートプレイしてみた!設定も簡単で超便利!
以前PS VITAでペルソナ5をリモートプレイしてみたら思った以上に便利でした。 なので今回はPCでリモートプレイし…

PS4Proのリモートプレイに関する記事も書きました。

PS4proのリモートプレイが一味ちがう!?PC版ではなんとフルHD!
昨年発売されたPS4Proや今年3月に発売されたNintendoswitchとゲームハード業界は賑わってきていますね。 …

PS VITAでリモートプレイする方法

というわけでVITAでリモートプレイをしてみました。

やり方はとっても簡単でしたが一応紹介しようと思います。

必要な物

  • PS4
  • PSVITA
  • VITAとPS4を繋ぐネットワーク機器

と基本的にはPS4とVITAを持っているユーザーなら問題なく接続することができます。

それとVITAとPS4を繋ぐネットワーク機器とありますが、簡単に言えば無線LANなどです。

これに関してはVITAとPS4を直接繋ぐ方法もありますが、基本的にはネットワークを介して繋ぐ方が便利だと思います。

PS4・PSVITAでPSネットワークにログイン

まずはPS4とVITAの両方でPSNにログインしておく必要があります。

Pointログインするアカウントは同一のアカウントじゃないとリモートプレイはできません。

PS4の電源を付けておく

リモートプレイするPS4の電源を付けておく必要があります。

しかし折角の遠隔操作をするのに、一々手動で電源を付けるのはとっても面倒です。

なのでスタンバイモードにしておけばリモートプレイをした時に自動で立ち上がる様になっています。

PS4を設定

まずPS4側の設定をしておきましょう。基本的にデフォルトの状態なら問題ないと思いますが一応チェックしておきましょう。

いつも使うPS4の登録

まずはアカウントの設定でいつも使うPS4を登録します。

設定画面の「アカウント管理」を選択します。

「いつも使うPS4として登録する」を選択します。

登録されているかを確認します。されていなければ登録するで完了です。

リモートプレイ接続設定を確認

次に設定でリモートプレイの設定をします。

PS4の設定画面の「リモートプレイ接続設定」があるので確認してみましょう。

「リモートプレイを有効にする」にチェックが入っていればOKです。

その下にある「PS VITA / PS TVと直接接続する」にチェックを入れるとVITAとPS4のWi-Fi機能を使って直接繋ぐ事ができるみたいです。

VITA側でリモートプレイをするだけ

あとはVITA側でリモートプレイをするだけです。

それでは「PS4リンク」を起動します。

この状態でリモートプレイを押すだけで簡単にリモートプレイができます。

思った以上に簡単に出来るは素晴らしいです。

リモートプレイの設定

リモートプレイの設定方法も記載しておこうと思います。

右下の…ボタンを押します。

リモートプレイのビデオ品質で解像度やフレームレートを選択できます。

解像度選択すると360p540pの2種類選択することができます。

回線の状況に合わせて選択すると良いでしょう。

フレームレートは標準と高を選択することができます。

基本的には高で良いと思います。

Wi-Fi環境が無くても直接接続でリモートプレイができる

直接接続を使えばWi-Fi環境が無くてもリモートプレイを楽しむ事ができます。

まずPS4で「PS VITA / PS TVと直接接続する」にチェックを入れておきます。

そしてPS4で「機器を登録する」を押します。

そうするとPS4側に数字が表示されるのでVITA側で入力します。

次にWi-Fiに繋がっていないVITAでリモートプレイを試すと、番号を入れる画面がでるので、PS4の番号を入力すると直接接続する事ができます。

?実際にリモートプレイで遊んでみた感想

それにしても最近のゲーム機器の進化はすごいですね。まさかこれほど実用的に遊べるとは思ってませんでした。

それでは実際にリモートプレイで遊んでみた感想をいくつか紹介したいと思います。

設定がとても簡単

ボタンを押すだけで簡単にリモートプレイができたのが良かったですね。

PS4もVITAもWi-Fiで繋いであったのとPSNもログイン済みだったので、VITAでリモートプレイを実行するだけで起動できたのには驚きました。

実用レベルのリモートプレイ

ペルソナ5は普通に遊べちゃう

リモートプレイと聞くと遅延があったりラグがあって全然遊べないのでは?そんな疑念がありました。

しかし実際にプレイしてみて、遅延なんて殆ど無くてペルソナ5なら普通に遊べてしまいました。

ゲーム攻略中のちょっとしたアクション(釣りのミニゲームやチャンスエンカウントなど)も問題なく遊べました。

遊び方の幅が広がる

リモートプレイのおかげで自室で遊ぶ機会が増えました。

リビングにゲームを置いてあると同居人に気を使ってゲームをしない様にしていたのが、自室でリモートプレイができちゃうのでこっそりと遊ぶことができます。

他にもテレビを見ながら遊ぶなんて芸当もできたりします。

外出先でもリモートプレイができる

今回のリモートプレイは同一ネットワーク内でリモートプレイをしましたが、外出先にインターネットに接続する環境があれば、インターネットを経由してリモートプレイができてしまいます。

Pocket WiFiやスマホのテザリングを利用して遊ぶこともできるので、通勤中や会社でこっそりと遊んだりなんて使い方もできてしまいます。

私は試しにテザリングで10分くらい遊んでみましたが、思った以上に遊べてビックリしました。

ただ通信制限が怖いのでガチでやりたい場合はPocket WiFiやWiMAXを入れるといいでしょう。

ボタンの配置には注意

かなりいい感じのリモートプレイですが、VITAでリモートプレイをする上で一番悩ましいのがボタン配置です。

VITAにはそもそもL2・R2とL3・R3ボタンが存在しません。

しかしPS4にあるのでどうしてもそのボタンが必要になってきます。

なので代わりに背面パッドの上下左右にL2・R2とL3・R3が設定されています。

しかしこの操作性が結構難しくこれらのボタンを多用するゲームでは使い物にならない可能性があります。

そういった場合はL2・R2やL3・R3をボタン化するアイテムもあるので、一度検討してみると良いかもしれません。

まとめ

今回はPSVITAを使ってリモートプレイで遊んでみました。

思った以上に実用的に使えベッドの中でも快適に寝落ちプレイができました。

格ゲーやFPSのプレイは若干難しい場合もありますが、RPGなんかとは相性がいいのではないでしょうか?

もしVITAを持っていたり、布団の中でプレイしたいなんて方は一度試してみてもいいのではないでしょうか。

シェアする

おすすめの記事