インスタで使えそうな背景ボードをダイソーのリメイクシートで自作してみた!

2017年の流行語に選ばれた言葉にインスタ映えがありましたね。2017年の日本ではInstagramの流行はすごかったですね。

私は一応アカウントを作ってはいたのですがほぼ幽霊状態でした。

ただ最近カメラで写真を撮るのが楽しくなってきたので、2018年は沢山の写真を投稿したいと思っています。

そんなわけで今回はInstagramに使えそうな背景ボードを安く簡単に作ってみました。

家でインスタ映えはなかなか難しい

インスタに色々と投稿する為に何か撮ろうと思うわけですが、結構引きこもりなので適当に部屋の物を撮ってみます。

しかし部屋がゴチャゴチャしているので、なかなかいい写真が撮れません……

かと言って部屋の家具から拘ると大変な事になるので、いっそ自分で背景を作ってしまうことにしました。

実際に背景ボードを作ってみる

今回は料理や小物などを撮る用なのでサイズは小さめのボードです。

そんなわけでまずダイソーへ行ってみたのですが、予想外に使えそうなアイテムが揃っていたのでダイソーで揃ってしまいました。

ダイソーでカラーボードとリメイクシートをゲット

今回ゲットしたのが

  • リメイクシート
  • カラーボード

まず発見したのが写真にあるリメイクシートです、今回は使い勝手の良さそうな白系のシートにしました。

そして更に丁度いいサイズ感のカラーボードが売っていたのでコレにシートを貼ることにしました。

カラーボードはこんな感じのスチレンボード的な素材で軽くて扱い安いのでオススメです。

サイズもA1に近いサイズで料理や小物には丁度良さそうなサイズ感ですね。

ちなみにサイズについては下の表を参考にしてください

リメイクシート 約450×900mm
カラーボード 約450×840×5mm

若干リメイクシートが余るのでその分はカットしましょう。

カラーボードにリメイクシートを貼る

まずはリメイクシートを広げます。結構波うっていますがカラーボードに貼っていくと綺麗に仕上がります。

カラーボードに一度置いてみてどんな感じになるかを確認してみるといいでしょう。

シートの剥離紙が結構剥がしにくいので、はくり紙はがし用シールを使うと簡単に剥れます。

そしてコレが貼り終わったボードですね。若干横の部分に黒い下地が見えてますが、気になる方はボードをカットするといいでしょう。

Point貼る時にはくり紙を一気に剥がすと空気が入りやすいので、端から徐々にヘラや定規など密着させながら貼るのをオススメします

ちなみに若干リメイクシートが余るので最初にカッターでカットしました。

実際に写真を撮ってみる

今回のボードを置いて背面には白い紙を置いてみました今回の被写体はサンシャイン水族館のガチャガチャでゲットしたうさまるキーホルダーです。

うさまるとサンシャイン水族館のコラボガチャ!実際に行って回してみた!
大人気!LINEスタンプのキャラクターで有名な「うさまる」が今回はサンシャイン水族館とコラボしちゃいます。サンシャイン水族…

近寄って撮ると結構良い感じになりますね・

すこし角度を変えてみるとこんな感じになります。

背景がゴチャゴチャがシンプルなので被写体を目立たせる事ができますね。

小物や料理を撮ってみる

今度はカメラのリモコンを撮ってみました。背景がかっこいい系なので無機質な物と相性がいいですね。

これは年越しそばではなく、年明けそばです。

パッと見た感じ木目の机の上で撮った様な雰囲気ですね。蕎麦にはちょっと雰囲気が合ってない気もしますが、こんな感じで撮ることもできました。

これはニトリで買ったオシャレな保存瓶ですね。こういった日常小物とも相性が良さそうですね。

これはフラッシュを使って撮影しましたが、窓際で半逆光(横からの光)で撮ると似たような雰囲気でとれますよ。

リメイクシートは他にもレンガ調の物や英字新聞みたいなのと色々とあるので、取りたい被写体に合わせて色々と探してみるといいかもしれませんね。

トコログはInstagramやっています!

そういえばトコログはInstagramをやっています!

全然投稿も少なくて使い方が良く分からずやっているのでフォロワーさんはほとんどいません……

今後投稿を増やしていく予定なので良かったらフォローよろしくお願いします。

トコロのInstagramアカウント

まとめ

という訳で今回はInstagramに使えそうな背景ボードを作ってみました。

予算は200円で制作時間は10分と超お手軽にできるのでオススメです!

今回はダイソーで揃えましたがセリアなんかだともっとオシャレなのがあるかもしれないですね。