ソニッケアー互換替えブラシのソニマート ブラシヘッドが予想がに良かった!

みなさん歯ブラシは電動派ですか?それとも手磨き派?

私は4年くらい電動歯ブラシを使っていてすっかり電動派になってしまいました。

私が使っている歯ブラシはソニッケアーというフィリップスの音波歯ブラシなのですが、初めてこれを使って磨いたときは歯のツルツル感に驚きました。

それ以降はずっと電動歯ブラシを使っているのですが、電動で気になるのが替えブラシのコストの高さ……しかし音波ブラシは頻繁に交換しないと思った以上に効果が発揮しなくなるので困りものです。

今回はソニッケアー用の互換ブラシを試してみたら思った以上に良かったので紹介したいと思います。

電動歯ブラシの替えブラシが高くて困る……

先程も書いたのですが、電動歯ブラシの替えブラシのコストが高いという問題があります。

実際にはパナソニックのドルツなんかは替えブラシが安いのですが、私が使っているフィリップスの替えブラシは純正だと大体4本で3000~4000円程度します。

一本あたり800円~1000円と考えると一般的な歯ブラシよりも非常に高価と言えます。

替えブラシはちゃんと交換しないと効果が減る

電動歯ブラシに限らす歯ブラシ全般に言えますが、ブラシは長い間使い続けると洗浄力が落ちていきます。

それは毛先が広がる広がらない関係なく、ブラシのナイロン素材が摩耗したり先端の硬さが落ちたりと色々な理由があります。

他にも同じブラシを使い続けると衛生面でも良くないので、定期的に交換する必要があります。

ただトコログは替えブラシが高いので今回は5ヶ月くらい同じブラシを使ってしまいました。

最後の方は全然磨けてなく歯にザラザラが残るので2~3回磨いていました……

そんな訳でいい加減ブラシを交換しようとAmazonを見ていると、やたら評価の高い替えブラシがありました!

ソニマート ブラシヘッド  8本入 スタンダードサイズ

この商品はAmazonのランキングで7位と上位にいてレビューも結構好印象な物が多いのです。

レビューでは寿命が短いうのもあったりして気にはなりましたが、8本も入っているので1本一ヶ月半もてば1年は持つのではと思い、実験もかねて購入してみました。

ソニマート ブラシヘッド  8本入 スタンダードサイズのスペック

メーカー SONIMART(ソニマート)
商品重量 68 g
梱包サイズ 21.7 x 8.5 x 2.3 cm
梱包重量 68 g
交換時期 約3ヵ月
本数 8本

これ以外にもDuPont(デュポン)社の素材を利用したブラシなので素材に関しては安心感がありますね。

ちなみにデュポンはアメリカの中でもトップクラス(アメリカ3位)に大きい会社で色々な化学繊維や素材などを作っている会社です。

実際にソニマート ブラシヘッドを使ってみた

という訳でソニマートの替えブラシを実際に使ってみました。

外観なのですが外箱は捨ててしまいました(ごめんなさい)。

中身は透明のブリスターケースに4本収納されていました。

これが2セットあるので合計8本となります。

ブラシを一本取り出すとこの様な感じになります。パッと見た感じは普通の替えブラシって感じですね。

ただソニッケアーのプロリザルツと比べると毛の透明感はありませんね。

ちゃんとブラシカバーが付いているのが良いですね。

ブラシと本体の接続部はプラスチックのみです。純正のブラシは接続部に金属部品があるのですこし気になります。

ソニッケアーにつけるとこんな感じになります。ちなみに本体はイージークリーンです。

形状はプロリザルツに似た形をしていますね。

拡大するとこの様な感じになっています。一部毛が跳ねたりしていますが結構揃っている感じがします。

そしてブラシの青い部分が白くなるとブラシの交換目安となるみたいです。

実際に使ってみた感想

という訳で購入してから1周間以上経過した感想をいくつか紹介したいと思います。

毛が結構硬い!

まず一番最初に使ってみて毛が硬いと感じました。

ソニッケアーのブラシの中でもプロリザルツは柔らかいのでそれと比較して硬いと感じました。ただダイヤモンドクリーンとは同じ様な硬さだと思います。

横幅が狭く奥歯の裏が磨きやすい

写真の様を見てみると中央部分があまり横に広がっていません。プロリザルツなんかはもう少し楕円が緩く中央部分が広がっている印象です

そのおかげか奥歯の裏の歯茎に近い部分がプロリザルツと比べて清掃しやすく感じました。

歯のツルツル感が復活

使い古したプロリザルツから交換してソニッケアーの1回の清掃(2分タイマー)でツルツルの舌触りが復活しました!

このツルツル感は新品の純正ブラシと大差無い感じで、これを感じた瞬間に「あ、これで良いかも」と思ってしまいました。

プロリザルツとは違う磨き心地ですが少し硬く毛束がしっかりとしている感じで、個人的には割と好きな磨き心地でした。

後はどれくらい性能を維持できるのか

という訳で使い始めて1周間はかなりの好印象でした。

しかし互換ブラシは寿命が短かったりする場合があるので今後どうなるかが気になりますね。

これで1月半程度保ってくれる性能があれば純正から鞍替えしても良さそうです。

その辺りについては追記していきたいと思います。

まとめ

という訳で今回はソニマートの互換ブラシを使ってみました。

最初は互換ブラシという事であまり期待はしていなかったのですが、使ってみると想像以上に良かったです。

磨き心地もいい感じで寿命さえ問題なければリピートしたい商品ですね。

ソニッケアーの純正ブラシのコストが高くてすこし困っている人は一度ソニマートの替えブラシを試してみてはどうでしょうか?

価格が圧倒的に安いのでお試し感覚で購入してみると良いと思います。

ミニタイプもあるみたいです。

ダイヤモンドクリーン版もあるみたいなので、次はこっちも試してみたいですね。