大人になって久しぶりにガンプラHGUCのザクⅡを作ってみた!【夏休みの工作】

夏といえば工作の夏!

何か夏らしい事をしたい!
そんな訳で大人でも手軽に出来る工作と言えば模型製作。

しかもガンプラなんかはニッパーさえアレば超簡単に作れてしまう優れもの!
という訳で久しぶりにガンプラを作ってみました。

ちなみに夏休みの宿題に出る「自由工作」としては認められない場合が多いので注意してください^^;

今回はガンプラ制作のリハビリかねて比較的に簡単で楽なのを作ってみました。

まずはガンプラを作る道具を用意

ガンプラ制作に必要な道具はピンきりですが、とりあえずニッパーさえあれば簡単に制作ができるという親切設計。

他にもデザインナイフ(アートナイフ)や紙やすりなどがあるとゲート処理がしやすくて便利です。

とりあえずトコログは学生時代にガンプラを作っていた時代の工具を色々と引っ張り出してきました。

まずニッパーは定番、タミヤの薄刃ニッパーですね。

当時は薄刃ニッパーしかハイエンドモデルとしては選択肢がありませんでしたが現在はグッスマニッパーしかりアルティメットニッパーなど選択肢が豊富ですね。

デザインナイフはタミヤのモデラーズナイフPROとNTのデザインナイフです。

個人的にゲート処理の段階ではNTのデザインナイフが使いやすくて気に入ってます。

マイクロセラブレードの持ち手のOEM元としても有名みたいです。

後はペーパーがあると良かったのですが、探してみてもなかったので今回はペーパー無しで作ることに。

まぁ表面処理は組み上がってからするタイプなので、気が向いたらやるということで……

HGUC 1/144 MS-06 量産型ザクⅡ エコプラ版

今回は家に眠っていたザクⅡですが、まさかのバンダイホビーセンター限定のエコプラ。

色々と積みプラは処分して何も無かったのですが、これだけ押入れから発掘されました。

2011年頃にお台場の実物大ガンダムが静岡のバンダイホビーセンターの近くに一時的に設置されたので、その時の記念に買ったエコプラです。

これが当時の画像です……画質が粗々ですねw

それでは中身を見てみましょう。

ザクⅡの中身はこんな感じで最近のHGUCと比べるとランナー数がめちゃくちゃ少ないです。

最近のキットはパーツの分割数が増えて、ディテールや合わせ目消しが不要な場合が多いですが、ランナー数が多かったりします。

ランナー数が多いと切り出しだけでも結構苦労するので、リハビリにはこれくらいの気軽さがいいですね。

まずAランナーとポリキャップにエコプラのデカールですね。

こちらがBとCランナーです。しかもエコプラなので真っ黒!

そしてパーツの少なさが良いですね

社会人(社畜)時代に久しぶり作ったRGのガンプラは出来栄えはすごい良かったのですが、気軽さが全くなく苦行感半端なかったです。

出戻りや初めてガンダムを作る時は比較的簡単なキットでモチベーションを高めてから難易度の高いキットに移るのをおすすめします。

 

これが社畜時代に作ったガンダムMkⅡ。スミ入れとメラミンスポンジという超お手軽フィニッシュでも結構苦労しました。

とりあえず組み立ててみる

とりあえず組み立てていきます。個人的には足か武器から作るのをおすすめします。

まず足から組み立てると立てる事ができるので置き場所に困りません。

それと顔や胴体などを作ると一気にモチベーションが下がるので、一番モチベーションが高まる顔を最後に持ってくるといいでしょう。

そして私はガンプラ本体を組み上げると武器を作るのがめんどくさくなる症候群に良くなるので、最初にモチベーションの低い武器を作る様にしてます。

適当にゲート処理する

ランナーから切り出したらゲート処理を行います。

私は面倒なのでニッパーで2度切り派です。学生の頃はデザインナイフで削ってペーパーをしっかり当ててたんですけどね……

場所によってはデザインナイフの方がいい場合もあるので、その辺りは使い分けていきます。

ちなみにゲート処理を頑張りすぎて、ペーパーを当てすぎたりするとパーツの合わせ目がズレたり段になったりするのでペーパーはできるだけ組み上げてからやったほうが良いかなと思ってます。

なんならゲート処理も最初は適当(余裕を持たせて)にやった後で目立つ部分を丁寧にやるほうが綺麗に仕上がると思いますよ。

そんな感じで適当にパチパチ組み立てていきます。

ガンプラあるあるなのですが、ザク系はキットの数が多いので気がつくと何体も作るハメになるので気がつけば説明書無しでも作れるようになってしまうのです。

そんな訳で気がつけば足も完成。
ちなみにトコロ具は一応説明書は読んでます…覚えてるけどたまに動力パイプの向きとかね…分からない場合もあるのです。

そして胴体もドドンと完成。ザクⅡは腰と胴体が一体型なので超お手軽。

でもポージングが難しくなりますね。

そして腕も完成しました。ここまできたら後はお楽しみの顔ですね。

そんな訳で機体は完成です。

ここで満足してしまいそうですが、次は武器を作ります。

こちらも完成。てか適当に作りすぎだ……まぁリハビリなので適当で。

完成したザクⅡを撮ってみる

という訳で完成したガンプラを写真で撮ってみました。
これもガンプラの楽しみですね。

真っ黒のザクってのもかっこいいです。
モノアイシールがなかったので更に無骨な感じです。
Hアイズでも残っていたら良かったのですが……

そしてヒケや合わせ目がやはり目立ちますね。

気が向いたらペーパーで表面処理と合わせ目消しなんかもしたいですね。

横から見た感じもいい感じです。
ただ腰の可動がないので立ちポーズが結構難しい……

ザクと言えばやはりザクマシンガン。実弾兵器ってのがいいですよね。

とりあえずはこんな感じで写真を撮ってみました。
ガンプラのポージングって難しい……この辺りも少し勉強しないとですね。

まとめ

という訳で今回は夏の工作としてガンプラを作ってみました。
久しぶりに作るとなんだかんだ楽しいものですね。

そして作り出すと無心で作業に没頭できるので気分転換としても良いかもしれません。

今回は簡単フィニッシュ(合わせ目消し、スミ入れ、トップコート)すらしていないですが、今度はしっかりと簡単フィニッシュか塗装までしたいですね。

なんだかんだガンプラ熱が再燃しかけているので、また何かキットを買って作りたいですね。

RGサザビーが気になる……

そしてこのニッパーも買ってしまいそう……

コメント