パナソニック ジェットウォッシャー ドルツのEW-DJ51-Aをレビュー!

どうも歯磨き苦手なトコログです。

年をとると気になるのが口腔ケア。
若い頃はあまり気にしていなかったのですが、一度歯医者で色々と治療してからフロスやら歯間ブラシなどを使ってケアするようになりました。

しかしデンタルフロスをしていてマジで困るのが被せ物や詰め物が外れちゃう現象
フロスしていて何回も外れちゃって、歯科医の先生に相談した事もありました。

結局色々と調べてドルツのジェットウォッシャーとフロスの併用をするようになりました。

しかし最近実家に引っ越してドルツの据え置きタイプを置く場所がなかったりコンセントが短くて洗面所に届かないなど色々と問題が発生して使う頻度が下がっていました。

そんな訳で今回はそれらを解決する為にジェットウォッシャーのコードレスタイプを購入してみたのでレビューしていきたいと思います。

パナソニック  ジェットウォッシャー ドルツ EW-DJ51-A

今回購入したのが「パナソニック 口腔洗浄器 ジェットウォッシャー ドルツ 青 EW-DJ51-A」

以前使っていた据え置きタイプと比べサイズがコンパクトかつコードレスと取り回しが非常に便利なタイプです。

しかしその分タンクの容量が少ないという部分もあったりします。
個人的にはコードレスタイプの方が使い勝手良いと感じましたね。

 ジェットウォッシャー ドルツ EW-DJ51-Aの特徴

水流で歯周ポケットや歯間のケアができる

ジェットウォッシャーは高圧な細い水を噴射して、それを歯間に歯周ポケットに当てることで汚れを除去します。

簡単に言えばお口のケルヒャー(高圧洗浄機)って感じで、バシバシと汚れを吹き飛ばします。
歯周ポケットの洗浄効果があるので、歯周病を気にしている人にも良さそうですね

防水・コードレス・コンパクトで使い勝手が良い

ジェットウォッシャーには据え置きタイプとコードレスタイプがありますが、据え置きタイプはコンセントが必要だったり、大きくて設置場所に難儀します。

しかしコードレスタイプはコンパクトでコードが無く防水なので、お風呂がで気軽に使うことができます。

ジェットウォッシャーのデメリットとして操作ミスると洗面だがびしょ濡れになる事があるのですが、お風呂場ならそれも回避できますね。

 ジェットウォッシャー ドルツ EW-DJ51-Aのスペック

メーカーパナソニック
振動数約1,400回/分
水圧ジェット水流 約580kPa
バブル水流(ノーマル) 約390kPa
バブル水流(ソフト) 約200kPa
電源充電式
電池種別NiMh
タンク容量約130mL (約35秒)
本体寸法約 幅5.9×奥行7.5×高さ19.7cm(ノズル収納時)
本体質量(重量)約300g
使用時間連続 約15分(室温20℃にて満充電後)
充電時間約15時間
防水性能○(IPX7)

以上がスペックとなります。

ジェットウォッシャー ドルツ EW-DJ51-Aの開封

という訳で早速ジェットウォッシャー ドルツ EW-DJ51-Aの開封をしていきたいと思います。

まずこちらがジェットウォッシャーの箱ですね。

箱を開けると保証書が一番上に入っており、あとはこんな感じです。

まずこれが充電器です。

無接点充電を採用しているので置くだけで充電できるのは便利です。
接点充電なので拭き掃除も気軽にできていい感じです。

充電器の後ろの穴には替えノズルが置けるので、家族でシェアする場合にも便利ですね。

替えノズルにはカラーリングがついているのでシェアしやすいです。

本体を充電器の乗せるとこの様な感じになります。

本体の操作周りはこんな感じ。

オン・オフスイッチが一番上についており、モードをボタンを押すことで順番に切り替わっていきます。

モードはジェット・ノーマル(バブル)・ソフト(バブル)の三種類が搭載されています。
据え置きは10段階のジェットとバブルあったので設定の細かさはありませんが、正直ジェットかノーマルくらいしか使わないので十分だと思います。

本体下部がタンクとなっています。

フタは簡単に開くので、ここから水を補給することが可能です。

タンク自体を下に引っ張ること取り外しが可能となっています。
細かく掃除や手入れをするときに良さそうですね。

ノズルは上から差し込めば簡単に装着ができます。
外す時はノズルしたのボタンを押しながら引き抜きます。

EW-DJ61-Wと並べてみるとこんな感じです。やはり据え置きタイプに比べると圧倒的にコンパクトですね。

ジェットウォッシャー ドルツ EW-DJ51-Aを使ってみた感想

という訳でジェットウォッシャードルツEW-DJ51-Aを実際につかって1週間ほど経過しました。
使ってみた感じはかなり良かったです。

ただ若干気になるポイントもあったので、それらを紹介したいと思います。

取り回しが非常に便利

以前使っていた据え置きタイプのEW-DJ61-Wはサイズが大きく、さらにコンセントが必要なので洗面所に設置するのに敷居は高いと言えるでしょう。

今まではいちいち戸棚から取り出して、延長コードを持ってきてとか七面倒臭い事をしていました。

それがEW-DJ51-Aなら別に洗面所に置く必要もなく、窓際の合いたスペースに置くだけでOK。

後は使いたい時に洗面所やお風呂場に持っていくだけと非常に便利でした。

防水性があるのでお風呂場で使えるの

ジェットウォッシャーあるあるですが、慣れないと洗面台をびしょ濡れにしてしまう可能性が高いです。

しかし防水性の高いEW-DJ51-Aならお風呂場に持ち込んで使っても全然OK
私はお風呂に入る時に使うようにしています。
水だと治療した歯がしみるのでお湯が使えてちょうどいいです。

水流の強さは据え置きタイプと比較しても十分満足

コードレスタイプという事で性能が落ちるかなと思っていましたが、水流の強さはあまり差が無いよう(ジェット使用)に感じました。

初めて使う人からすると強すぎて痛いレベルだと思います。

ちゃんと歯間の食べカスなどもしっかりと除去することが可能でした。

ネット上のウワサでドブ臭いのが取れるとかありますが、普段からジェットウォッシャーを使っていたのでそういった事はありませんでした。

ちなみに初めて使うと(フロスや歯間ブラシを使ってない場合)体験できると思いますよ。
そして圧倒的な水流の強さで歯茎から血が溢れ出ます……

でもそれを続ける事で健康な歯茎に復活します。

音が据え置きタイプより静か

使ってみて驚いたのが音や振動。EW-DJ61より全然静かです!

EW-DJ61は音と振動がそれなりするので、深夜などはなるべく使わないようにしていました。
しかしEW-DJ51-Aはそれなりに音もしますが、全然静かなのでそこまで気にせず使える気がします。

圧倒的にタンクの容量不足

これは特に据え置きタイプを使っていた人からすると我慢ならないレベルで少ないです。

据え置きタイプが600mlに対してEW-DJ51-Aは135mmと2割程度しか入りません。
本当に奥歯のちょっとした所をやっていたらすぐに水切れ……そして水を補給してまた使う。

この繰り返しを4~5回程度するので非常に面倒です。
どこの歯をやっていたか忘れちゃうしね。

試しにホースを交換してペットボトルにつないでみた。

EW-DJ51-Aの定番カスタマイズにホースを交換してペットボトルから給水するという方法があります。

Amazonの合わせ買いにホースが出てくるほどの定番っぷり。

という事でこちらのチューブを購入してみました。

こちらがチューブです。
直径5mmで長さが3mmもあるので、長いと感じたらカットして使うといいでしょう。

青いチューブは引っ張れば簡単に外れるので、外します。

次は購入した透明のチューブをつなぎます。

ホースの先も簡単に外れるので、ここも付け替えておきます。

地味にめんどいですが、ペットボトルのフタに穴を開けます。

私は4.5mmのポンチしかなかったので、それで一回開けて適当に広げました。
多分5mmか5.5mmのポンチでいい感じの穴が開けられるのではないでしょうか。

ちなみにこのキャップがないと振動でチューブが浮いてくるので、片手で抑える必要があるので、キャップに穴をあけるか、適当に固定した方がいいと思います。

という訳でこんな感じで完成です。
ちなみにタンクは無くても充電できますが、結構不安定になるので要注意です。

ちなみにタンクのキャプは簡単に外せるので、この様にタンク内を通しても良いと思います。

ちなみにこの改造をすると結局別のタンクが繋がった状態になるので、コンパクト感はなくなります。
かといって充電時にいちいちチューブを外したりするのは結構手間なので、改造する前にどんな感じになるかイメージしておくと良いでしょう。

個人的にはタンクの容量が増えるのは良かったですが、仕舞うのが面倒になってしまったのでどうしようか考え中です。

まとめ

という訳で今回はジェットウォッシャー ドルツ EW-DJ51-Aを利用してみました。
今回は家の洗面台を事情でコードレスタイプを購入してみましたが、全体的に使い勝手が非常に良く、据え置きタイプと比べてメリットが沢山ありました。

ただタンクの容量がやはり少ないので、自分の住宅事情に合わせて据え置きタイプかコードレスタイプか決めるといいでしょう。

  • コンセントが洗面台付近にない
  • 設置スペースに余裕がない
  • お風呂場で使いたい
  • 音が静かな方がいい

ポイントとして上記に当てはまる人はコードレスタイプを検討すると良いと思います。
逆に上記のポイントをクリアしていてるなら容量の多い据え置きタイプがオススメです。

関連記事 パナソニックのジェットウォッシャードルツ、据え置きかコードレスどっちがいいの?

関連記事 パナソニックの電動歯ブラシ ドルツEW-DM61-Wをレビュー!替えブラシが安い

 

コメント