岐阜県の大野町にある柏鳥堂(はくちょうどう)さんでお土産を買ってみた。【黒野ラスク】

img_20161231_125618

あけましておめでとうございます。
気がつけばもう仕事はじめの時期ですね。

今回は実家のある岐阜に帰省をしました。
その際にかわいい和菓子系のお菓子屋さんでお土産を買いました。

岐阜県大野町にある『柏鳥堂(ハクチョウドウ)』

img_20161231_125539

柏鳥堂さんは廃線になった名鉄揖斐線の黒野駅(現黒野駅レールパーク)近隣で昔からお菓子屋さんを営業していました。

黒野の店舗では今も営業をされていています。
現在は中野元に新店舗を構え、2店舗で営業をしているそうです。

新店舗の外観が綺麗でイイ雰囲気です

今回訪れたのは新店舗の方です。
写真からも分かる通り、和風な建物ですが清潔感とオシャレ感がありますね。

img_20161231_130359

場所も国道303号線沿いに面していて、駐車場もちゃんと完備しています。
お隣にはドラッグユタカやコメダ珈琲もあります。

黒野店は商店街にあり少々車では不便な場所でした。
しかしこの場所なら車でも行きやすくてとてもいいですね。

早速店内にはいってみました。

店内も落ち着いた雰囲気で好印象

img_20161231_130303

店内は落ち着いた照明で照らされています。
陳列棚やショーケースも綺麗に配置され、いい感じを醸し出しています。

img_20161231_125631

お皿などもかわいく、壁面には古い写真が飾られています。

地元に愛された電車をモチーフにした商品!

img_20161231_125651

写真の商品は「黒野ラスク」という商品で、廃線になった名鉄揖斐線の車両を模した箱にラスクが入っています。見た目がとてもかわいくて、私はとりあえず二箱手に取ってしましました。

名鉄揖斐線は私が高校生の時に廃線になった電車で、とても思い入れがあります。
今やsuicaやPASMOなど当たり前の時代ですが、自動改札機すらない黒野駅から、2両編成の電車に乗って岐阜市方面へ向かって行ったのを思い出しますね。

今は無き路線ですが、それでも地元住民はこの電車が好きで、駅舎を残して、公園にしたり、谷汲駅では駅舎をそのまま残し、列車も保存して見学できるようにしています。

そんな思い出深い列車を模したお菓子です。大野町や名鉄の電車に思い入れがある方にはぴったりのお土産ですね。

img_20161231_125733

他にも大野町の特産品である柿を使った「ふんわり柿姫」や竹中半兵衛の出生地にちなんだ「もっちり半兵衛」なんて商品も売っています。

img_20161231_130315

お菓子の詰め合わせ等も綺麗にケースに陳列されています。法事の際やお土産などによく利用されるそうです。

img_20161231_130311

レジ前には生菓子が陳列されていて、「フルーツ大福」は割と有名で人気です。

ふわふわ生地で大野町産のいちご・栗・バナナ・粒あん・ホイップクリームを包みこみました!

とのことで、フルーツが沢山入っていて食べごたえがあります。

店内で食べることも!

img_20161231_130257

店内には椅子とテーブルがあり、そこで食べることもできます。

大体の商品が個別で販売されているので、ここで試食し、談笑しながらお見上げを決めても良さそうですね。

お店の情報

お店の場所は国道303号線沿いで大野町の中心部にあります。
お隣にはドラッグユタカとコメダ珈琲があり駐車場もありました。

公式HP柏鳥堂

住所
〒501-0565 岐阜県揖斐郡大野町中之元891
TEL 0585-52-9499 FAX 0585-52-9644

営業時間9:00~19:00です
定休日毎週火曜日がお休みみたいですね。

まとめ

昭和元年創業の地元のお菓子やさんですが、今の流れを取り入れ、とても精力的にお店を開いています。
商品もいろいろと工夫がなされていて、とても魅力的な商品が多いです。
岐阜の大野町に用事がある方や地元の方は一度訪れてみるといいかもしれませんね。

PS.私はここで買ったお土産を全部実家に忘れました……