ベルボン V4-unitをレビュー!これで俯瞰撮影もバッチリ!料理や物撮りで大活躍!

どうもこんにちはトコログです。

最近思うんですよ。俯瞰撮影ってオシャレ
インスタでもTwitterでも料理はとりあえず俯瞰で撮っておけばオシャレなんじゃないだろうか。

そんなわけで俯瞰ブームが来ています!
おかげでトコログもブログ用の写真で俯瞰を良く使います。

しかし俯瞰撮影ってめちゃくちゃ面倒なんですよ。三脚立て、脚2本だけのせて、真下に向けて、脚が写らないように画角を調整して……などなど
とにかく面倒でしょうがないんですよ。

そして面倒を回避するために台に乗って撮るんですけど、なかなかキレイに水平が出ない。
おかげで違和感のある俯瞰写真を大量生産してしまうのです(´・ω・`)

そこで俯瞰撮影が楽々にセッティングできると評判のベルボン V4-unitを購入してみることにしました!
物撮りにも便利みたいなので使うのが楽しみ。

という事で今回は三脚から横に伸ばせるベルボン V4-unitをレビューしてみたいと思います。

スポンサーリンク

Velbon V4-unit マルチアングルユニット

こちらが今回購入したVelbon V4-unitです。

最初はスリックのスライディングアーム2とV4ユニットで悩んだのですが、操作性の良さやガッシリ感があるV4ユニットをチョイスしました。

もちろんスライディングアーム2の方がLアングルが付属していたり、ポール全体を伸ばせたりとメリットもあるんですけどね。どっちが良いかは用途に合わせて選ぶと良いと思います。

トコログはヨドバシカメラやビックカメラで触ってベルボンに決めました。

Velbon V4-unitのスペック

メーカーVelbon
サイズ[幅] 340mm(EV含まず)×[奥行] 147mm×[全高] 91mm
EVスライド205mm
底面径44mm
左右方向360度回転
上下方向+90°(仰角)~ -90°(俯角)
質量584g
推奨積載質量3kg
雲台取付ネジUNC1/4
三脚取付ネジ穴UNC1/4・ UNC3/8 両対応

Velbon V4-unitのレビュー

それでは早速レビューしていきたいと思います。

まずこちらが箱になります。
とっても普通な箱です。強いて言えばすこし安っぽいかな?

こちらがV4ユニット本体となります。ベルボンらしく綺麗な作り好感が持てます。
こういうのがベルボンらしくて良いですよね。金属の表面の質感とかとっても好き。

V4ユニット付属品
  • V4ユニット本体
  • 新MFスクリュー3/8(M13)
  • MFスクリューねじ回し
  • 説明書・保証書

MFスクリュー3/8が付属しているので、三脚側は1/4、3/8ネジに対応しています。
残念ながら雲台側は1/4のみとなっています。雲台側も3/8ネジに対応してくれたら最高なのですけどね。

という事で雲台側はハクバの3/8変換ネジを付けてみました。これで3/8の雲台も使えます。
しかしこの変換ネジと相性が良すぎたせいか外せなくなりました……

という事で3/8変換ネジを使うときはSUNWAYFOTO のコインで回せる変換ネジをオススメしておきます。

雲台側のネジはネジ回しが付属しているので簡単に交換できました。
トコログの持っている三脚は1/4と3/8のどちらも対応してますが、安定感のありそうな3/8を選びました。

三脚にV4-unitを取り付け

それではV4ユニットを三脚に取り付けてみることに。なんかちょっとかっこいい!

試しにグリップをグルっと回すと自由に動かせます。これはとっても便利!
ハンドルを握って360度グリグリ動かせるのでこれは楽しいです。ロックもハンドルを回すだけでとっても簡単。

エレベーターのレバーをグルグル回すとポールが伸びました。これで俯瞰撮影もドンと来いですよ!
後から気が付きましたが簡易的なマクロスライダーとしても使えそうです。

実際に俯瞰撮影をしてみる

という事で実際に俯瞰撮影をしてみました。
V4ユニットが伸びるのでセッティングがめちゃくちゃ簡単!

と思ったら水平が上手く出てませんでした……
俯瞰撮影は水平をキチンと出さないと上手く撮れませんね……という事で今度は机とカメラの水平をしっかり出して再チャレンジ。

次はおやつのバームクーヘンで再チャレンジです。
今度はちゃんとした水準器を使って水平垂直を出した(机とカメラの両方)のでいい感じです!
これこれ!こんな奴が撮りたかった!

今回は単焦点マクロを使いましたが簡単にセットできてホントビックリです。単焦点で俯瞰ってホント面倒なんですよね。
という事で綺麗な俯瞰写真が取りたい場合は水準器を準備しておくと良いでしょう。

実際に使ってみた感想

それでは実際に使ってみた感想をいくつか紹介したいと思います。

転倒には注意!三脚は良いものを!

まず俯瞰撮影で注意したいのが三脚の転倒。やはり三脚の中心からズレた位置にウエイトが掛かるので転倒の恐れがあります。

V4ユニットはハンドル部分があったり、205mmしか伸びないというもあって他のアームよりは安定感があります。しかしそれでも不安定になるので三脚はしっかりとした物をオススメします。

今回トコログ使用した三脚はトラベル用のカーボン三脚(1.5kg)と軽かったので、結構不安定になりました。次使うときはもう少し重い三脚かカウンターウェイトを取り付けようと思います。

操作性が良い!ポールが回転しないので調整がしやすい!

実際に使ってみて思いましたが、操作性はかなり良かった
ハンドルでロック操作が可能で、ハンドルを握ったまま自在に上下左右に動くので素早くにセッティングができました

他にもエレベーター部分が回転しないので、ポールの長さを微調整するときもポールが回転しないので簡単に調整ができました。

簡単に綺麗な俯瞰撮影がしやすくなった。

今まで踏み台に乗って手持ちで頑張って俯瞰撮影をしていたのですが、やはり手持ちだと角度が付いたりして大変でした。しかし三脚を机に乗せて撮るのも面倒だったので、ついつい手抜き撮影になってしまってました。

しかしV4ユニットがあれば、三脚をそのまま伸ばしてV4ユニットを伸ばすだけでセッティングが可能。
これがめちゃくちゃ便利!俯瞰撮影がすっごい楽になりました。

それとスマホとWi-Fi接続してスマホの画面を見ながらの撮影が便利でした。
被写体の位置などを調整がとっても簡単にできます。俯瞰撮影してるとモニターが見づらいですからね。

意外と単焦点やマクロレンズと相性が良い

単焦点レンズを使っていると面倒なのが画角の調整
ズームレンズならスィーっとズームでOKなのですが、単焦点はカメラを前後させる必要があります

そこで意外にもこのV4ユニットのエレベーターをスライダーとして使うことで、ある程度の調整が可能となります。しかもグルグルと動かせるのでアングルの変更もしやすかったです。

意外にも物撮りにもかなり使いやすいのでビックリしました。
こうなるとLアングルも欲しくなりますね。

まとめ:安定して俯瞰撮影ができる!

という事で今回はベルボンのV4-unitをレビューしてみました。
いやー思った以上に便利なアイテムでした!これからは俯瞰撮影に必須のアイテムになりそうな予感。
というか物撮り全般で活躍しそうです。後は動画の俯瞰撮影にも良さそうですね。

こんなに使いやすいならもっと早くに買っておけば良かったと後悔しております。
という事で俯瞰撮影が好きだけど、三脚の設置が面倒って方にはかなりオススメです!
水平もしっかり出せばクオリティも一段階アップすると思いますよ!

コメント