ソーダストリームとドリンクメイトはどっちがいいのか比較してみた!コスパでは圧倒的にドリンクメイトがオススメ!

スポンサーリンク

どうもこんにちはトコログです。

炭酸水メーカーといえば現状ソーダストリームが人気ですよね。
しかし最近になってとっても魅力的な炭酸水メーカーが現れました。

それがドリンクメイト。

なんとこのドリンクメイトはあの、ソーダストリームよりもコスパが良く、さらに水以外にも炭酸を加えることができるというスグレモノ。

ということで今回はソーダストリームとドリンクメイトを比較してみ、どちらが良いのか検討してみたいと思います。

スポンサーリンク

ドリンクメイトとソーダストリームを比較

比較する項目
  • 対応飲料
  • ガスシリンダー
  • 店舗数
  • 通販について
  • 本体モデルについて

ということで、早速ソーダストリームとドリンクメイトについて比較をしていきたいと思います。
比較する項目は上記の5項目について比較していきたいと思います。

対応する飲料水

実はソーダストリームに関しては水にしか炭酸を加えることができません
しかしドリンクメイトは機種によって水以外のジュースやワインなどにも炭酸を加えることができます
なのでスパークリングワインとか作れちゃうんですよね。

ただ欠点として850mlボトルを利用しても350mlまでしか入れれません。
それとガスの消費量も水に比べ多くなるので要注意です。

  • ソーダストリームは水にしか炭酸を加えることができない
  • ドリンクメイトは機種によっては、ジュース、ワインなどに炭酸を加えることができる。
  • 水以外は350mlまでガスの消費量も増えるので注意

水以外も対応したモデルはインフューザーが付いてる

水以外も対応したモデルにはインフューザーというパーツが付属しています。
このインフューザーはボトルの先に取り付けるパーツとなっており、ガスを高圧に保ったままと本体から取り外しが可能となっています。なので高圧のまま水に炭酸をなじませる事が可能です。

そしてパーツ自体にガス抜き機構があるので、ジュースなどでも安心してガス抜きができます。
ただこのインフューザーはねじ式となっているので、ソーダストリームみたいなワンタッチでラクラク取り付けはできませんので注意です。

  • 水以外にも対応したモデルはインフューザー機構がある
  • インフューザーは本体と別パーツでボトルに取り付け
  • ガス抜き機構があり、ガスを高圧に保ったまま本体から外せる
  • ボトルへの装着はねじ式

ガスシリンダーを比較

ソーダストリームとドリンクメイトを比べる上で重要になってくるのがガスシリンダーの容量値段などですね。これらはランニングコストに大きく関わってくるので非常に重要なポイントなります。

そして実はソーダストリームとドリンクメイトの大きな違いがここにあります。
まずソーダストリームですが、60Lのガスシリンダーが基本となり、それよりも小さいミニサイズ2種類がラインナップされています。

それに対してドリンクメイト60Lタイプがあり、さらに巨大なマグナムガスシリンダーが新たに投入し、炭酸水メーカーのコスパ競争に大きな一石を投じてきました。

ということで、ザックリとコストに関して表にまとめてみました。

メーカーソーダストリームソーダストリームミニドリンクメイトドリンクメイトMGS
炭酸水60L25L60L142L
内容量410g190g410g975g
新規購入¥3,429¥2,500¥3,400¥5,980
交換代金¥2,000¥1,250¥2,000¥3,280
1Lの値段約 ¥33.3約 ¥50約 ¥33.3約 ¥23

※値段は税抜価格で計算しています。

こうしてみるとドリンクメイトのマグナムガスシリンダーのコスパの良さが目立ちますね
60Lではソーダストリームとほぼ同じ価格となっています。

炭酸水メーカーが乱立している時期はソーダストリームが唯一大型の60Lガスシリンダーを採用しコスパで優れ市場で人気が出たのを考えるとドリンクメイトがソーダストリームのシェアをかなり奪っていくんではないかと思います。

  • 60Lガスシリンダーは両社ほぼ同じ値段
  • マグナムガスシリンダーは3割近く値段がお得になる
  • ランニングコストはドリンクメイトがおすすめ

取り扱い店舗数

ということでドリンクメイトのマグナムガスシリンダーのコスパが素晴らしい事はわかったと思いますが、それだけでドリンクメイトを購入してしまうのは早計です。

いかにコスパが良くても取り扱い店舗が近所にない場合は手軽に交換することができません。

ということで店舗数を比較しようと思ったのですが、店舗数が多すぎて数えるのが無茶苦茶つらいので、都会代表東京と田舎代表の岐阜(トコログの地元)で比較してみました。

メーカーソーダストリームドリンクメイト
取り扱い店数(東京)305店舗126店舗
取り扱い店数(岐阜)63店舗43店舗

ということで取り扱い店舗数がソーダストリームとドリンクメイトでは全然違います。
どちらのメーカーも基本的には大手家電メーカーで取り扱いをしているのですが、ソーダストリームは地元の系列のスーパーで取り扱っていたりするので便利だったりします。

ちなみにトコログの住んでいる地域ではエディオン、ヤマダ電機、ケーズデンキ、ジョーシンでは両社の商品を取り扱っていますが、ソーダストリームはさらにアピタ平和堂イオンなどスーパーでも取り扱いがありました。

ということでガスシリンダーの交換のしやすさなどを考えると、店舗数の多いソーダストリームに一日の長があると感じました。
しかしこの辺りは自分の環境によって大きく変わってくるので、事前にチェックしておくと良いでしょう。

  • 取り扱い店舗は大手家電量販店が多い
  • 基本的にソーダストリームの方が取り扱い店が多い
  • ソーダストリームはスーパーなどの取り扱いも多いので交換しやすい
  • 事前にチェックしておこう

公式 ソーダストリーム sodastream|お取扱店舗
PDF ドリンクメイト販売店|公式サイトPDFファイル

通販のガスシリンダーの取り扱いの違い

次は通販での扱いを見ていきましょう。
基本的に店舗でのガス交換が送料、手数料などが掛からずにオススメなのですが、どうしても近所に取り扱い店が無いという場合もあります。

もしくは店舗に行くのは面倒って方には通販がおすすめですよね。
ということで通販ではどれくらい違うのか見ていきましょう。

メーカーソーダストリームドリンクメイト
サイトの使いやすさ洗練されてるかなり雑
送料500円(税込)550円(税込)
送料無料5,000円(税込)以上5,000円(税込)以上
シリンダー返送代無料無料
支払い方法銀行振込・代引き・クレジットカード
(シリンダー交換は代引きのみ)
代引き・クレジットカード

一見大差ないように見えるのですが、ソーダストリームの場合、通販でガスシリンダーの交換をした場合、支払い方法が代引きのみとなり、代引き手数料330円が発生します。

いやこれ以外とデカイですよね。しかもドリンクメイトがいつの間にかクレジットカードにも対応しているので、2本交換で値段が5000円以上になるので送料も手数料も完全無料でいけるのは素晴らしい。

しかしソーダストリームも2本交換×3回というお得便を使うことで、送料と代引き手数料を無料にすることが可能となっています。とはいえドリンクメイトはそもそもクレジットカード決済が可能なので使い勝手ではドリンクメイトに一歩遅れる印象です。

  • ドリンクメイトのマグナムガスシリンダーは2本交換で送料無料
  • クレジットカード決済にも対応
  • ソーダストリームはシリンダー交換は代引き決済のみ(手数料がかかる)
  • お得便を使うことで手数料が無料になる

本体モデルのラインナップ

ソーダストリームとドリンクメイトは様々な機種がありますが、どういった違いがるのかザックリとですが表にまとめてみました。

ソーダストリームのラインナップ

ソーダストリームの製品の違いは主に、ロック形式や電源を使う電動などそいうった部分で違いがあります。

ロック方式操作価格その他
Source Powerスナップロック電動¥29,000電動
Source v3 スナップロック手動¥20,000LEDで炭酸強度が分る
Spirit One Touchスナップロック電動¥19,000電動
Spiritスナップロック手動¥14,000
GenesisDeluxe v2ねじ式手動¥12,000
Mini Deluxeスナップロック手動¥12,000ミニサイズ

ということで、ソーダストリームのラインナップの大きな違いはロック方式のスナップロック、電動の自動注入がメインとなります。

基本的な機能に大差はないので、この辺りは個人的な趣味で選んでしまっていいと思います。

ドリンクメイトのランナップ

ドリンクメイトの製品は基本的にソーダストリームの様な電動の製品はなく基本的に手動となります。
代わりに対応シリンダーや、水専用なのか水以外も使えるのかなどそいうった部分で違いがあります。

それと最新機種に関しては炭酸の量を調整できたり、1ボタンで自動的に注入してくれる機能など便利機能が追加されました。

対応シリンダー対応飲料価格その他
シリーズ62060L/MGS水以外も可¥16,880自動注入
4段階炭酸濃度設定
シリーズ60160L/MGS水以外も可¥14,880自動注入
シリーズ56060L水専用¥12,380自動注入
スナップロック
マグナムグランド60L/MGS水以外も可¥19,880
マグナムスマート60L/MGS水専用¥9,880スナップロック
ベーシック60L水以外も可¥14,880

基本的にはマグナムガスシリンダー対応のモデルがオススメですので水以外にも炭酸を加えたい場合は620、601、マグナムグランドとなりますが、新しい620601が機能的に優れ価格も安いのでオススメです。

そして水専用の場合は、マグナムスマート唯一のマグナムガスシリンダー対応モデルとなりますので、こちらがオススメです。装着もソーダストリームのスナップロックと同じ様な機構で使い勝手が良さそうです。

そしてソーダストリームとドリンクメイトの比較をしてみると、基本的にドリンクメイトの方が本体が割安に感じます。しかしソーダストリームには電動の自動注入モデルなど高級モデルもあるのでデザインなどを重視するならソーダストリームが良いかもしれません。

  • 本体のコストパフォーマンスはドリンクメイトがオススメ
  • ドリンクメイトは機種によって機能がかなり違うので注意
  • ソーダストリームは電動モデルなどがある

まとめ

では最後にソーダストリームとドリンクメイトの違いを表でまとめてみました。

ソーダストリームドリンクメイト
ガスシリンダー25L/60L60L/142L
ランニングコスト1L 33円1L 23円
ボトルサイズ1L、500ml850ml、580ml
対応飲料水のみ水以外もOK
(機種による)
取り扱い店舗数多い少ない
通販サイト洗練されてる作りが雑
通販の手数料シリンダー交換時に代引き手数料がかかる5000円以上なら送料無料
電動対応機種がある非対応

やはりソーダストリームは先行メーカーということで、取り扱い店舗数やサイトのデザインが優れてたりととっても商売上手な印象ですね。

それに比べドリンクメイトは後発メーカーなのを活かし、ソーダストリームを真似しながらも独自の機能やコストパフォーマンスの良さで一気に伸びてきていますね。

個人的にはソーダストリームの所有者ではありますが、ここまでドリンクメイトが優れていると、乗り換えるか本気で悩んでしまいますね。

まとめ
  • ソーダストリームは店舗が多くてガス交換がしやすい
  • ドリンクメイトはガスのコスパが良好
  • ドリンクメイトは水以外も対応
  • サイトはソーダストリームの方が綺麗
  • でも通販の手数料はドリンクメイトが優秀
スポンサーリンク
スポンサーリンク
日用品
スポンサーリンク
Amazonギフト券を現金チャージで2.5%還元
Amazonの買い物はAmazonギフト券チャージタイプがオススメ!チャージする都度、最大2.5%のポイントが貯まるのでお得です。
トコロ

無職だけど一生懸命生きています!
岐阜県在住の無職のブロガー。
主に製品やウェブサービスのレビューをしてます。

商品レビュー依頼承ってます。
ご相談はお問い合わせかTwitterのDMからお願いします。

トコログ

コメント

スポンサーリンク