ソーダストリームの機種の違いや特徴をまとめてみた!自分に合った選び方を紹介

どうも炭酸水大好きトコログです!

みなさんは炭酸水好きですか?
トコログはハイボールを良く作るので大好きです。
しかし毎回ペットボトルを買うのが面倒!

そんじゃソーダストリームを買っちゃおう!って思ったわけですが……

なんか種類がいっぱいある……

どれを買えばええんやーって事で、色々と調べて結果的にトコログはSpiritを購入。
そして色々と調べたので、製品の特徴や違いをまとめてみました!

ということで、今回はソーダストリームの製品の違いや特徴を紹介したいと思います!
どれ買おうか悩んでる人の参考になればと思います。

関連記事 ソーダストリームスピリットをレビュー!お家で超簡単に炭酸水が作れちゃう!
ソーダストリームスピリットのレビュー記事もあるので参考にしてみてください。

そもそもソーダストリームってなに?

ソーダストリーム ソース パワー スターターキット (ブラック)

そもそもソーダストリームはどういった製品なのか?

ソーダストリームは世間一般で言われる家庭で作れる炭酸水メーカーです。
家にある水道水や天然水をソーダストリームで炭酸水を作ることができちゃいます。

そんなソーダストリームのメリット・デメリットをいくつか紹介します。

まずはデメリットから

  • 60Lでボンベの交換が必要
  • 本体の置き場所が必要
  • 2年でボトルの交換
  • 水が必要

メリット

  • お家で簡単に炭酸水が作れちゃう
  • 500mlあたり18円と驚異のコスパ(水代は別)
  • ペットボトル等のゴミがでない

といった感じで、普段ペットボトルの炭酸水を買っている人はかなり魅力的な商品だと思います。

ソーダストリームには5種類のモデルがある

そんなソーダストリームには主に5種類のモデルがあります。

  • Source Power(ソース パワー)
  • Source v3(ソース v3)
  • Spirit (スピリット)
  • Mini Deluxe(ミニ デラックス)
  • Genesis〈Deluxe〉v2(ジェネシス〈デラックス〉)

以上がソーダストリームの主なモデルです。
ということでまずは各モデルの紹介をしたいと思います。

ソーダストリーム Source Power(ソース パワー) スターターキット

ソーダストリーム ソース パワー スターターキット (ブラック)

ソーダストリームの全自動モデル一番価格の高い商品です。
公式価格 31,320 (税込み)※2019年2月

特徴としては全自動機能
ボタンを押すだけで炭酸水を自動で作ってくれます。
炭酸の強さも3つのボタンから微炭酸・中炭酸・強炭酸の選択が可能。

他にもスナップ・ロック機能がついており、ボトルの装着も押し込んで倒すだけお手軽な仕様

唯一ネックとなるのが、自動なので電源が必要となります。

本体サイズ(約)W12.4×H42.3×D23.3cm
本体のみ重量(約)2,500g
素材プラスチック、アルミ
全自動機能
LED表示
ガスシリンダー60L
付属ボトル1L
ロック機構スナップ・ロック機能

ソーダストリーム Source v3(ソース v3) スターターキット

ソーダストリーム Source v3(ソース v3) スターターキット (ホワイト)

ソーダストリームのプレミアムモデルとなります。
これ以下のモデルはすべて手動(ボタンを押し続ける)で炭酸を注入することになります。
公式価格 20,520円 (税込み)※2019年2月

特徴としてはLEDライトで炭酸水の強さがわかります
LEDの種類は3種類あり、微炭酸・中炭酸・強炭酸が一目で判断が可能。

ソースv3にもスナップ・ロック機能がついており、ボトルの装着が簡単となっています。

電源も必要ないので、置き場所の自由度も高いです。

本体サイズ(約)W12.4×H42.3×D21.5cm
本体のみ重量(約)2,100g
素材プラスチック、アルミ
全自動機能
LED表示
ガスシリンダー60L
付属ボトル1L
ロック機構スナップ・ロック機能

ソーダストリーム Spirit (スピリット) スターターキット

ソーダストリーム Spirit (スピリット)スターターキット ホワイト

ソーダストリームのスタンダードモデルとなります。
公式価格 15,120円 (税込み)※2019年2月

特徴はとしてはスナップ・ロック機能が付いているので、ボトルの脱着は簡単となっています。

SourceV3みたいに、LED表示がないので押している秒数や回数で炭酸の調整をする必要があります。
ただそこまで難しくないので、価格と性能のバランスが良いので人気のモデルとなっています。

さらに500mlのヒューズボトルが付いてくるので、別に500mlボトルを買わなくて良いのもポイントです。

本体サイズ(約)W13×H42×D18.5cm
本体のみ重量(約)1,100g
素材プラスチック、アルミ
全自動機能
LED表示
ガスシリンダー60L
付属ボトル1リットルヒューズボトル x 1
500mlヒューズボトルx1
ロック機構スナップ・ロック機能

ソーダストリーム Mini Deluxe(ミニ デラックス) スターターキット

ソーダストリームのスタンダードモデルとなります。
公式価格 12,960円 (税込み)※2019年2月

特徴はとしてはSpiritとほぼ同じですが、高さが36cmとかなり小型化と軽量化されています。
その代償としてガスシリンダーが60Lタイプではなく25Lとなり炭酸水500mlで約26円(60Lは約18円)のコストとなります。

部屋の雰囲気に合わせて小さいのが良い、もしくは持ち運んで使いたい。
そんな用途におすすめです。

本体サイズ(約)W13×H36×D19cm
本体のみ重量(約)1,060g
素材プラスチック、アルミ
全自動機能
LED表示
ガスシリンダー25L
付属ボトル専用500mlヒューズボトルx1
ロック機構スナップ・ロック機能

ソーダストリーム Genesis v2(ジェネシス v2) スターターキット

ソーダストリーム Genesis v2(ジェネシス v2) スターターキット <炭酸水メーカー> (ホワイトv2)

ソーダストリームのベーシックモデルとなります。
アマゾン価格 9,900円 (税込み)※2019年2月、公式では販売終了
Deluxeは 公式価格 12,960円 (税込み)※2019年2月

特徴はとしてはソーダストリームの廉価モデルということで、Genesis V2は1万円をきる価格設定となっています。
その代わり、Spirit以上に採用されているスナップロック機能はないので、ボトルの装着時クルクルとボトルを回して付ける手間がかかります

ちなみにDeluxeは各種パーツがメッキ仕様となり、すこし豪華な見た目となっています。

本体サイズ(約)W13.5×H42×D23.5cm
本体のみ重量(約)1000g
素材プラスチック、アルミ
全自動機能
LED表示
ガスシリンダー60L
付属ボトル専用1リットルボトル(キャップ付き) x 1
ロック機構ネジ式

主なモデル違いを表にまとめてみました

ということで、各モデルの紹介をしたわけですが、そのままだと分かりづらいので、主な違いを表にまとめておきました。

モデル自動(電動)LEDロック機構容量
Source Powerスナップ式60L
Source v3スナップ式60L
Spiritスナップ式60L
Mini Deluxeスナップ式25L
Genesisネジ式60L

こうしてみると、Genesisは安いだけあって機能が必要最低限ですが、Spirit以降はスナップロック式だったり、LEDで強さが分かったりと便利機能が増えてく印象ですね。

トコログは価格と性能のバランスでSpiritを選びました
500mlのヒューズボトルが付属なのもポイントですね

予算に余裕があればソースV3は見た目がかっこいいので、こちらもおすすめ。
ソースパワーは全自動で便利ですが、電源が必要なので、その辺りに注意ですね。
そしてコストを抑えたい場合はGenesisがおすすめです。

まとめ

ということで今回はソーダストリームのモデルの特徴や違いを紹介してみました。

基本的にシステムは同じですが、上位モデルになるにつれ便利機能が増えていくのがポイントですね。
みなさんはどのモデルが良いと思いましたか?

トコログの生活スタイルにはSpiritが良いと思ってチョイスしましたが、みなさんは自分の生活スタイにあったモデルを選ぶと良いでしょう。

毎朝の忙しい時間帯に使うならスナップロックや全自動が便利そうですよね。
逆に夜のゆっくりした時間帯や利用頻度が少ないなら安いモデルでも問題ないでしょう。

それではみなさんは良い炭酸水ライフを。

関連記事 ソーダストリームスピリットをレビュー!お家で超簡単に炭酸水が作れちゃう!

コメント