IC早得でお得に東京から京都へ

今回東京から京都へ移動にIC早得というサービスで東海道新幹線が通常より安く移動できました。
まずこのIC早得というサービスを受けるには「EX-ICカード」が必要になります。

thumb_02

出典:https://expy.jp/assets/img/nav/thumb_02.jpg

EX-ICカードとは?

JR各社が実施しているICカードでタッチするだけで、改札を通ることができるsuicaやPASMOの新幹線版みたいなカードです。
※新幹線の乗車目的でsuica(モバイルsuicaなど一部除く)などは使えません。

そしてこのカードの特徴はそれ以外にもあります!

ネットでカンタン予約・変更

パソコンやスマートフォンなどの端末からブラウザ経由で予約や変更ができます。
これのおかげでわざわざ事前に駅に行って予約をしなくても良くなりました。

そしてなんと変更が無料!
通常のきっぷは2回目以降手数料がかかります。
さらにキャンセルがいつでも310円!
さすがにキャンセルはお金が発生しますが、通常の切符より格安です。

通常のきっぷなら前日・当日払戻手数料1,710円(特急料金の30%)+乗車券220円。

詳しくは公式ページへ

いつでもお得に!

一番重要なのはコレですね!
いくら便利になろうときっぷより高いのでは話になりません。そこはJRも分かっているようで
なんと普通の切符より安いのです!

東京新大阪間で通常料金が14,450円のところ
このEX-ICだと13,370円1,080円もお得なのです!

しかしそれより安いサービスが存在します。
それがIC早特ですね。

IC早特とは?

それは早期に予約をするとさらに安くなるサービスなんですね!
早特には何種類かあるのですが、今回は東海道線の東京~大阪間について書きます。

IC早特タイプ21

これは21日前までに予約をするとのぞみ安くなるんですね!
東京~新大阪間が11,000円3,450円安いんですね。
そして「のぞみ」限定!ひかりは選択できないので主要駅の方した使えませんね。(東京・品川・新横浜・名古屋・京都・大阪など)
そして時間帯も決まっており

21日(3週間)前までの予約で乗車駅を朝6:00~6:59もしくは昼11:00~15:59に出発する東海道・山陽新幹線の「のぞみ」号普通車指定席がおトクになる「IC早特タイプ21」。結婚式や帰省など、前から予定が決まっているときにぜひご利用ください!

なかなか普段では使いずらい感じですが、早期に予定が決まっている方はぜひ利用してください。

IC早特(タイプB)

このサービスは3日前の予約で、割引もなかなかです。
ただこちらは「ひかり」限定(朝6時代ののぞみは可)でしか使えません。
料金は
東京~新大阪が12,340円2,110円お得です。

ちなみに私が今回使用したのはこちらで
東京~京都間が11,800円2,110円お得でした。

この早特Bもかなり安いですがさらに安いサービスもあります!

こだま☆楽旅IC早特

これは3日前予約でなんと早特Bより安いです!
東京~新大阪間が11,200円!ほぼ早特21と同じ値段ですね!
ただやはり条件はあります。

まず「こだま」ということですね、つまり本数も少なく各駅停車と遅い列車なんですね。
そのせいか利用者が少ない分、安い訳なんですね。

ただこの「こだま」はなんと、グーリン車なんですよ!
それでいて別途のグリーン料金は掛かりません!

時間に余裕がある方や今までグリーンに乗ったことのない方はぜひ一度使ってみてはどうでしょうか。
ちなみに私の実家は東海地方にあるのですが、よくこの早特グリーンで帰っていました。
東京~名古屋または名古屋~大阪くらいだったらグリーンでのんびり帰るのも悪くありません。
※JR東海道ツアーズなどのプラっとこだまとは別のサービスです。

IC-EXのデメリット!

さてこんな感じで便利なIC-EXカードなんですがデメリットもございます。

年会費がかかる!

実はこのサービスには年会費がかかっちゃうんですね!
年会費1,080円(税込)が必要です。
ただ逆に考えると一年に一回利用する場合はお得です。
さらに540円安いプラスEXというサービスもございます。

プラスEXとは

指定のクレジットカードと紐付けすることでIC-EXと似たようなサービスを受けることができます。
IC-EXの場合はJR東海エクスプレスカードというクレジットカードに入会する必要があるのですが、これは手持ちのカードでもできます。(指定カードの場合)

さてこのカードの一番のメリットは年会費が540円と安いです!
ただデメリットも多く、通常時の乗車料金が500円近く高いです、なので往復で使った場合はEX-ICのほうが安くなります。
また使えるエリアが東京~新大阪間と狭くなっておりま(EX-ICは博多までOK)

他にもデメリットが多いので、基本的にはEX-ICをおすすめします。
しかし指定カードを持っている際はクレジットカードの審査やら登録が簡単なので試しに使ってみたい方などには便利でしょう。
詳しくは公式サイトQ&Aにも書いてあります。

通常きっぷとは組み合わせれない

「IC-EX」は特急券と乗車券を組み合わせたものなので、在来線の駅までの乗車券などは使えないのです。
JRの切符は基本的に乗車距離が長いほど割引されていきます、なので在来線も含めて乗車券を買えば乗車券自体は安くなります、しかしEX-ICはそれができないので、ヘタするとEX-ICのほうが高くつく場合もあります。
特急券だけを発行するe特急券というサービスもあります。ただこれは上記の早特ようなの割引はなないです、しかしそれでも東京~新大阪で880円安いです。

複数人の時は早特が使えない

複数人で予約する場合、カードは一枚なので使えませんよね。
なのでその場合はEXきっぷを使いましょう。
EXきっぷも上記の早特は使えないので、基本的に通常料金になります。
しかし休日に限っては早特が使えるのです。
それは

EXファミリー早特なら複数人でもOK

予約を3日前までにすれば2名以上土日祝日に利用可能なんですね!
料金も東京~新大阪で12,340円2,110円お得ですね。
ただ使用できる列車は「のぞみ」のみとなります。
家族や知り合いなどとの、休日の旅行にはこれがベストですね。

まだまだいろいろとありますがだいたいこんな感じだと思います。

まとめ

・年に1回新幹線に乗る予定があるならかなりお得!
・3日前に予約できるのなら格安で新幹線に乗れちゃいます!
・一度はグリーンに乗りたい
・最寄り駅までが遠い方や、窓口が混雑している駅の方も簡単にネットで予約できちゃいます。

他にもグリーンがタダで乗れちゃうポイント制度があったりかなりお得なカードです!
詳しいことは公式HPにもいろいろ載っているのでそちらもどうぞ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめの記事