Moon Lence アウトドアチェアが快適!コンパクト・軽量・でコスパ抜群!

つい先日、デイキャンプ(ただのBBQ)をしました。

岐阜県民は遊ぶ箇所が無いので、川や山に行くのですが(山と川しかないので……)その中でもBBQはお手軽にワイワイできるので人気の遊び?です。

昔やっていたテレビの番組ではBBQグリルの所有率は岐阜県が1位なんて事も言われていたような気がします。

という訳で岐阜県民はBBQが好きみたいで、私も例外ではなくBBQやデイキャンプが好きなのです。

そしてBBQをする時に必要なアウトドア用のチェアを購入したのですが、思った以上に使えたので紹介したいと思います。

Moon Lence アウトドアチェア

今回はこちらの商品の色違い版で黒地にオレンジのタイプを購入しました。

私が購入した時はAmazonのランキング3位とかなり人気の商品みたいです。

Amazonの評価数も多く割と評判が良さそうなので購入することに!

Helinoxは高すぎて買えなかった勢

この形のチェアといえばHelinox(ヘリノックス)ですよね。

私がバイクでソロキャンプを楽しんでいた時代(2013年頃?)ではHelinoxチェアワンは軽量コンパクトでバイク乗りには憧れのチェアでした。

確か当時は小川キャンパルが代理店をしていて小川の製品と勘違いしていました、現在はモンベルが正規代理店になっているみたいです。

しかしHelinoxは価格が1万円を超える価格がネックで買うのをずっと躊躇っていました。

お金が無い当時の私はこのあぐら椅子で我慢してました。これに鹿番長のアレとの組合せが割と良かったです。

当時は鹿番長からそっくりな商品が出ないかなーと思っていましたが、気がつけばチェアの一大ジャンルみたいな状態になっていてビックリです。

Helinoxに憧れていた私からすると3000円台で買えるこの商品はちょっと感動してしまいました。

Moon Lence アウトドアチェアのスペック

座面の高さ38cm
使用時のサイズ56 x 61 x 66cm
収納袋のサイズ35.5 x 12.7 x 8.9cm
座面生地600Dオックスフォード布
フレームアルミニウム合金
耐荷重242lb/110kg
重量912 g

収納時のサイズが長辺が35.5cmというのがコンパクトでバイクや自転車乗りには嬉しいサイズ感です。

昔使っていたあぐら椅子は50cm近くあったので、比較すると14cm程短くなります。

おかげで収納が便利です。重量も1kg未満と軽いのはありがたいですね。

実際にMoon Lence アウトドアチェアを使ってみる

というの訳で実際にデイキャンプで使ってきた訳なのですが、カメラのメモリーカードを忘れ写真を取れたかったので実家の畑の前で写真を取り直しました……

まずこれが収納された状態です。ナイロン製のなかなかいい感じの袋に入っています。

鹿番長のアレ(キャプテンスタッグのアルミ ロールテーブル)と比較しても短いのでかなりコンパクトです。

ちなみにアルミローテーブルは横幅が42cmとなっています。

袋から取り出すとアルミ合金のフレームと座面の布が出てきます。

アルミ合金フレームはしっかりとしていていい感じ。

フレームの組立はとても簡単。

テントのフレームみたいにゴム製の紐で繋がっていて、対応した穴にはめ込むだけで完成です。

本家ヘリノックスもここがプラスチック製ですが、この部品の耐久度が気になるところですね。

背もたれ部分の長いポールは連結することで長くなります。

フレームはこんな感じで完成。

とても簡単なのででここまで1分も掛からず組み立てれると思います。

座面の生地にはポールを通すスリーブ(穴)があるのでポールの先端をこのスリーブにはめていきます。

そして紐が付いている側が背もたれ側の長いポールで、何も無い方に足側の短いポールに差し込みます。

まずは短いポールにを差し込みます。

するとこんな状態になるので、次に長いポール側を差し込みます。

こっちには紐があるので紐を引っ張りながらポールに差し込むと簡単に組み立てる事ができました。

これは本家ヘリノックスにも無い利点だと思います。ちなみに紐がない場合は逆の順番で寝かせて入れると良いみたいです。

という訳で思った以上に簡単に組み立て完了。

正面から見るとこんな感じです。3000円の類似品にしてはかなりクォリティが高いと感じました。

鹿番長のアレ(アルミローテーブル)と組み合わせるとこんな感じ。

座面の高さもいい感じなのでバイクツーリングなんかにはもってこいの組み合わせかもしれません。

座り心地は抜群!アウトドアチェアでも質の高い座り心地

本家ヘリノックスにはモンベルで試座した程度なので、本家とはしっかりと比較はできませんが、座ってみた感じはかなり似ているかなと思いました。

包まれるような感じで深さもそこそこあります。

アウトドアチェアの中でもかなり快適に感じる部類の椅子だと思います。

キャンプで真っ先にこれを組み立てると、立ち上がるのが億劫になり設営が進まなくなる可能性もあるので要注意です。

軽量コンパクトでここまで快適な座り心地を両立している製品はヘリノックス系のチェアにしかないメリットだと思います。

背の部分とサイドの部分はメッシュになっているので長時間座っていても蒸れにくいっていうのも良かったです。

生地はアウトドアチェアにあるナイロン系の生地でヘリノックスと比較するとすこし安っぽさはありますが、それでも必要十分の品質だと思います。

風には弱いので強風時は注意しよう

という訳で快適で軽量コンパクトと完璧に近い商品ですが、一つ気になるポイントがありました。

それは風に対して弱いということです。

というのも軽量コンパクトで、さらに帆を張るような構造なので風が吹くと普通に吹き飛んでいきます。

デイキャンプでも風が強くてそれはもう何回も飛ばされました。

まぁその時は中身の入った紙コップが倒れる程の強風ではありましたが……

という訳で風が強い時には注意しましょう。

対策としては何かオモリをを乗せておいたり、ペグを打って紐で繋いでおく方法があるみたいです。

ポールに収納用の袋の通して、中にペットボトル飲料や石なんかを入れておくと良いかもしれません。

まとめ

という訳で今回はMoon Lence アウトドアチェアを実際に使ってみました。

思った以上にクオリティが高くてコスパはめちゃくちゃ良い商品だと思います。

特に軽量でコンパクトで手頃な製品が欲しいならダントツでオススメです。

そして軽量コンパクトなので花見や花火や釣りなど多用途に使えて便利そうです。家でも早速父親がホタルの観賞用に使っていました。

私は星空の観察に使おうかなと思ったりもしています。

そんな訳でアウトドアチェアで悩んでいる人は一度Moon Lence アウトドアチェアを検討してみてはいかがでしょうか?

コメント