ニッカウイスキーのブラックニッカディープブレンドをレビュー!安いのに本格的でおすすめ!

どうもウイスキー大好きトコログです。 最近は暑い日が続いていますが、そんな日にはキンキンに冷えたハイボールが飲みたくなりますね。 さて前回はサントリーオールドを紹介しましたが、実は似たような価格帯でオススメのウイスキーが1本あります。 ブラックニッカ ディープブレンドこれが非常にオススメです。 ディープブレンド自体は割と最近出た商品(3年くらい前)で、マッサン人気の後に出たウイスキーです。 私も発売当日に買った記憶がありますが、価格に対して味の良さにヤバっ!ってなった記憶があります。 ニッカが本気を出して作った商品、そんな風に受け取れる商品でした。 当時は原酒不足に陥り、旧余市や旧宮城峡やブラックニッカ8年まで生産中止に陥り、少なからずウイスキーファンはニッカに対してストレスやヘイトを貯めている状態の中で出してきた商品。 そんな中でもしっかりと高評価を得たこの商品は地味にすごいのかもしれません。。 ということで今回はそんなブラックニッカ ディープブレンドについてレビューしたいと思います。
スポンサーリンク

ブラックニッカ ディープブレンド

今回はレビューするのはニッカウイスキーの「ブラックニッカディープブレンド」 初号ブラックニッカの復刻ボトルに使用したしボトルを使っていますね。 このボトルはブレンダーズスピリット(超コスパ最強のブレンデッド)などにも使わていて割とニッカの本気商品に使われている印象があります。

ブラックニッカ ディープブレンドのスペック

商品名ブラックニッカ ディープブレンド
メーカーニッカウヰスキー株式会社
アルコール度数45%
原産国名日本
原材料・成分モルト、グレーン
産地(地方)日本

ブラックニッカ ディープブレンドの特徴

それではブラックニッカ ディープブレンドの特徴をいくつか紹介してきます。

新樽モルトをキーモルトに採用し、濃厚なウッディ感がすごい

ブラックニッカディープブレンドでは珍しく新樽のモルトを採用。 基本的に日本のウイスキーやスコッチは、バーボンやワインの中古樽を利用する場合が多いです。 ちなみに新樽の場合、樽由来のタンニンなど増え濃くて渋い個性の強いウイスキーに仕上がる場合が多いみたいです。 逆に中古樽の場合はまろやかで落ち着いたウイスキーができるので、スコッチや日本のウイスキー中古の樽が使われているのだと思います。 しかしディープブレンドは濃く深いウイスキーを作る為に新樽のモルトをキーモルトに採用し、深く濃い味を出すブレンドをすることでディープブレンドは出来上がったみたいです。

アルコール度数が45度と濃さを演出

ブラックニッカディープブレンドは一般手に売られているウイスキーと比較してアルコール度数が5%ほど高くなっています。 つまり一般的なウイスキーに比べ原酒の割合が高い事を意味します。

実際にブラックニッカディープブレンドを飲んでみた感想

それでは実際にブラックニッカディープブレンドを飲んでみます。

まずはストレートで

まずはストレートで飲んでみましょう。 色自体はかなり色濃く1500円以下で買えるウイスキーとは思えません。 まず口に含むとアルコールの刺激でピリッときますね。 そして新樽のウッディ感とバニラ感が全面に押し出されています。 そしてこの価格帯ではめずらしくピートの香りを感じ取れます。 余韻にはほんのりとビターチョコの思わせる苦味と甘みを感じますね。 トコログ的にはこれホンマ1500円でいいの?ってレベルで香りも味わいも非常に深いです。 若干のアルコール感はありますが、それにしてもこの濃さホントに素晴らしい。

トワイスアップっで飲んでみる

それでは同程度の水を加えて頂いてみます。 まず加水することで、ディープブレンドの尖ったアルコール感などはかなりマイルドに。 急にブラックニッカになったなお前って感じです。 それでもピートの香りや樽由来のバニラのような甘みは残っていてしっかりとしたブレンデッドって感じです。

ロックで飲んでみる

次はロックなので氷を入れて頂いてみました。 まちがいなくロック最強!もう理屈とかじゃなくロックが一番美味しく感じました。 まず氷を入れることでアルコール度数の尖りが若干マイルドになりました。 そしてバニラやチョコレートの様な甘みが非常に際立ってきます。 さらに樽感が深く、あ~これがディープなんだと感じました。
これがディープかぁ
こんな恥ずかしいセリフも出てきてしまいますね。

ハイボールでも頂いてみる

ラストはハイボールですね。 時期はちょうど夏場なのでこれがめちゃくちゃ美味しいです。 それはさておき、このディープブレンドはハイボールにしてもはっきりと香りやバニラのような甘みやビターな感じが残っています。 ピートのスモーク感も余韻に残っており、これがソーダと合わさって非常に爽快感と飲みごたえを感じました。 ハイボールもオススメです!

まとめ

という訳で今回はブラックニッカ ディープブレンドをレビューしてみました。 やはり非常に評判のいいウイスキーなだけあって、かなり美味しいです。 特にウッディ感やスモーク感や香りの濃さなどワンランク上の商品と言っても過言ではないでしょう。 同価格帯では1つ頭が飛び抜けてる印象です。 そんな訳でブラックニッカディープブレンドは非常にコスパの良いウイスキーとなっています。 普段は角瓶やブラックニッカやリッチブレンドを楽しんでる人も、一度ディープブレンドを飲んでみてほしいですね。 関連記事 サントリーオールドをレビュー!見た目が良く飲みやすくコスパの高い日本ウイスキー!関連記事 バランタインファイネストをレビュー!コスパが良くスコッチ入門の定番ウイスキー!

コメント