アイリスオーヤマのパワーヘッドスティッククリーナーIC-SLDCP6をレビュー!

どうもトコログです。
みなさんどんな掃除機使ってますか?

トコログの家で活躍している掃除機は一般的なコンセントを使う掃除機です。
私の部屋(2階)もこれで掃除をしているのですが、持ち運びが面倒だし、コンセントが必要だったりと使い勝手が悪いです。

そんな訳で2階用にコードレスの掃除機を買うことにしました。
以前マンションで住んでいた時は、ダイソンのV8を使っていたので、それが便利だったのでもう一度ダイソンでも良いかなとも思いました。

しかし我が家の2階ではどう考えてもオーバースペック
何か無いかと探してみるとアイリスオーヤマ新ヘッドの掃除機を出していて、マキタや日立より使いやすそうだったので購入することに。

そんな訳で今回はアイリスオーヤマのパワーヘッドスティッククリーナーIC-SLDCP6をレビューしたいと思います。

パワーヘッドスティッククリーナーIC-SLDCP6

今回購入したのが、アイリスオーヤマのパワーヘッドスティッククリーナーIC-SLDCP6

アイリスオーヤマのコードレスといえば軽量のIC-SLDC4が非常に人気ですが、IC-SLDC4のヘッドが新しくなった商品です。

最初はマキタとも悩みましたがパワーヘッドで使いやすそうなのと、充電が簡単そうなので選びました。

パワーヘッドスティッククリーナーIC-SLDCP6のスペック

商品サイズ幅約23.6×奥行約17.5×高さ約101.5
(フロアヘッド、スティックハンドル装着時)
質量1.6kg
(フロアヘッド・スティックハンドル・バッテリー含む)
定格電圧DC10.8V
充電電源入力:AC100V(50/60Hz共通) 15VA
出力:DC13.7V 0.5A
充電時間約3時間
使用バッテリーリチウムイオン2次電池
バッテリー容量1,500mAh
バッテリー寿命約500回(充電回数)
集じん方法ダストパック式
連続使用時間標準モード:約18分、
ターボモード:約8分、
自動モード:約30分
集じん容積0.3L

付属品:充電アダプター、使い捨てダストパック×25枚(1枚 本体内にセット済み)、壁置きパーツ、ねじ×2、接着シート(予備)

スペックは以上となります。
重量が1.6kgとマキタと比べるとすこし重いですがパワーヘッド込みでこの重量ならとても軽い部類に入ると思います(ダイソンは2.5kg程度)。

パワーヘッドスティッククリーナーIC-SLDCP6をレビュー

では実際にレビューをしていきたいと思います。
まずは開封していきます。

箱から取り出すとこんな感じです。中身は

  • 掃除機本体
  • フロアヘッド
  • スティックハンドル
  • 充電アダプター
  • 壁置きパーツ
  • 接着シート
  • 使い捨てダストパック25枚

となっています。
最初からダストパックが25枚付いていたり、壁置きパーツがあるのは素晴らしいですね。

ちなみに一枚は最初から本体に取り付けられているので、そのまま掃除を始めることが可能でした。

ボタンは3つあり、標準・ターボのボタンは、ボタンを押す毎にモードが切り替わります
自動モードはほこりを感知して、自動的に吸引量を変更してくます。
切ボタンで運転終了となります。

ダイソンみたいに押しっぱなしじゃなくて1回押すだけで良いのでけっこう便利。

ホコリセンサーのランプは赤と緑があり、ごみが多い時は赤、ごみが少ない時は緑に点灯します。

バッテリーランプは充電時や残量が少ないと点灯します。
ちなみに充電時はランプが点灯している時は充電中で、完了すると消灯します。

使用時はゆっくりと点滅した場合は残量が残り少ない状態で、高速で点滅すると残量なしです。

パワーヘッドはこんな感じで、ブラシが中央に入ってる一般的な構造です。
運転するとブラシが回転して自走するようになっています。

それとヘッドはコインで取り外しができ、中を清掃することができます
ダイソンのヘッドは分解できなかったので、これは嬉しい。

それと壁掛置きパーツがありますが、これは両面テープが貼ってあるので、それを壁に貼るだけでOKです。

本体にマグネットがついているので、この壁掛けパーツに近づけると磁石の力で留める事ができます。これがめちゃ便利で冷蔵庫にもくっつきます。

充電はコードを挿す必要があるので、それには注意です。

ちなみにこんな感じで自立させる事も可能です。
これ地味に便利。

実際に使ってみた感想

という訳で実際に1周間ほど使ってみました。思った以上に便利で買って正解だったと思います。

いくつか使ってみた感想を紹介したいと思います。

パワーヘッドが便利

まずパワーヘッドがとても便利
マキタや前のモデルの掃除機はヘッドは簡易的な物で、ブラシなどは入っていませんでした。

しかしパワーヘッドは回転ブラシがついており、自走していくので力をかけずに除機を掛けることができます。

それとヘッドの関節部分が優秀で、ハンドルを曲げるとその方向にヘッドが回転するので掃除機をかけたときの動きがかなりスムーズです。
マキタや日立に比べると操作がスムーズ。

そしてこのヘッドは自立させることも可能です。
掃除の途中なんかに自立させれるのは非常に便利。

壁置きパーツが便利

地味にこのパーツが素晴らしい。
マグネットでくっつくとので手軽に引っ掛けることができます。

ぶっちゃけダイソンの壁掛けより簡単です。
ただダイソンはそのまま充電してくれるので、その辺りは一長一短かも。

そもそもマキタには壁掛けパーツすら無いって考えるとありがたい。

紙パックは楽

以前はダイソンのV8を使っていたのもあり、紙パック方式は楽でいいです。

外して捨てるだけなので、周りにゴミが散らばる心配もありません。

自動ほこりセンサーがついてる

この価格帯の商品としては珍しく、ほこりセンサーがついています。
おかげで自動モードでラクラクに掃除ができます。

しかも持ち上げるとちゃんと、パワーヘッドの回転も止まってくれる便利なやつです。
あとボタンを押しっぱなしじゃなくて良いのも助かりますね。

ハンディとして軽るくて使いやすい

本体が軽いので、ブラシや延長パイプを外してハンディクリーナーとしても活躍してくれます。

試しに空気清浄機のプレフィルターや机の上を掃除してみましたが、バッチリと吸い込んでくれてました。

ただ隙間ノズル的なものは無く、先端にブラシがついてる程度なので隙間ノズルがあればなーと思うことも結構あります。

吸引力はすこし心もとない

吸引力は紙パック式で小型軽量なのでダイソンなんかと比べると随分と弱いです。

なので絨毯やカーペットを全力で綺麗にしたいって人にとってはパワー不足に感じると思います。
逆にフローリングだけならこのアイリスオーヤマの掃除機でも必要十分に感じました。

まとめ

という事で今回はアイリスオーヤマのパワーヘッドスティッククリーナーIC-SLDCP6をレビューしてみました。

使ってみると細かい部分が便利で、工具メーカーと家電メーカーのいいとこ取りって感じでした。

とくにヘッドの関節部分は滑らかで使いやすいので、操作性を重視する人には非常にオススメです。

メイン掃除機としてはすこし吸引力不足かもしれませんが、一人暮らしの人やフローリングしか無いって人には必要十分だと思います。

他にも一軒家の2階用とかサブとしても大活躍してくれると思います。

関連記事 【花粉症】床拭きお掃除ロボットのブラーバが最強すぎる!アレルギー持ちに最適!【ハウスダスト】

コメント