冷蔵庫下や家具の隙間のホコリに「スキマキーレー」で簡単お掃除!

dsc07885

年の瀬がもうまもなくと言った所まで来ましたね。そこで待っているのは大掃除ですね。
大掃除といえば普段掃除をしない所をキッチリと一年分の汚れを落とすためにやりますよね。

そうなると困るのは移動できない家具の隙間は本当に厄介ですよね。
特に冷蔵庫の下や大きい棚の裏などはつい見てみぬふりをしてしまいます。

隙間掃除の便利グッズ!

スキマキーレー アズマ工業

dsc07884

スキマキーレー アズマ工業

ちなみに写真の商品は実はスキマキーレーじゃなくて類似品っぽいです。
でも作りがほぼ一緒だったのでOEM品なのかなーと思っています。
それとどうやら「マツコの知らない世界」という番組で紹介されたそうで、すこし話題になっているそうです!

市販のフローリングワイパーのシートが使える!

dsc07881

こんな感じでフローリングワイパーのシートを用意します。
個人的にはウェーブ フロア用ドライシート 立体Wキャッチか、クイックルワイパー フロア用 ドライシート がおすすめです。
他にもウェットタイプも水拭き効果が合っていいかもしれませんね。

dsc07882

セットして窪みを押し込めば食い込んでセットできます。

dsc07883

こんな感じでシートの上から押し込みます。

dsc07884

これで無事セットです!
これをフローリングワイパーでは入らない所へ入れればホコリが簡単にとれます。

冷蔵庫の下へ

dsc07885

それでは冷蔵庫の下へ入れてみます。

dsc07887

こんな感じでスッキリと入ってしまいました。隙間が1cm以上あるなら簡単に入るそうです。
この入れた状態で奥から手前に掻き出すように動かします。

dsc07891

こんな感じでホコリがとれます(分かりやすく写真のコントラストを濃くしています)
他にも冷蔵庫の上にもつかってみました。

dsc07889

こんな感じで冷蔵庫の上のホコリもある程度とれました。
ただL字にまがるクイックルのヤツのほうが便利な気はします。
やはりスキマキーレーは隙間に特化してるんだなと思いました。

スキマキーレーのイマイチなポイント

個人的にはかなりgoodなアイテムで久しぶに良いものを買ったと思いました。
しかしやはりイマイチなポイントがありました。

この先端部と棒の部分は最初別々だったのですが、組み立てると外す事ができなにので、収納に少し困ります。私は冷蔵庫のマグネットフックに引っ掛けましたがこれは少し不便だなとおもいました。

img_0014

それと長さがもうすこし伸ばしたりと調整できるといいなと思いました。
冷蔵庫の下なら簡単に入りますが、大きい書棚の裏は中途半端な位置で止まってしまう可能性があります。
なので購入時はサイズを確認してから買うと良いでしょう。

まとめ

これから大掃除の季節が始まりますが、全部手で拭いたり掃いていては、重労働です。グッズひとつで簡単スイスイ出来ちゃう方法がたくさんありますので、ネットで調べて簡単に効率良く掃除しましょう。
隙間掃除にはスキマキーレーがおすすめですよ!

シェアする

おすすめの記事