PeakDesignのスライドライトをレビュー!コンパクトなミラーレスに最適!

どうもカメラ大好きトコログです!
α6400を買ってから物欲がとまりません!

そんな訳でストラップも一新しようと思ってPeakDesignスライドライトを購入しました。
みんな大好きPeakDesignですよ~!!

ぶっちゃけストラップに6000円以上出すなんて…と思っていましたが着脱機能は絶対便利だろっ!て事で購入することにしました。

最初はアンカーリンクスだけの購入も検討しましたが、どうせならって事でスライドライトにしてみました。

ということで今回はPeakDesignのスライドライトをレビューしたいと思います。

スポンサーリンク

PeakDesign ピークデザイン スライドライト ブラック SLL-BK-3

今回購入したのがPeakDesignのスライドシリーズ第三世代のモデル!サイズはライト、色はブラックをチョイスしました。

カラーはアッシュと悩んだのですが、ボディの黒と合わせてブラックをチョイス。

スライドシリーズは2種類ある

スライドシリーズには2種類あります。

  • スライド
  • スライドライト

スライド幅が45mmとかなり広くフルサイズ一眼レフに最適なサイズ
スライドライト32mmと細身なのでAPS-C機やミラーレス機に向いてますね。

トコログのα6400は小型機なのでスライドライトを選択!

さらに細身のリーシュもあります。
α6400ならこっちのほうが使い勝手良さそうだったんで結構悩みました。

しかしあえてスライドライトを選んだのは、まだまだaマウントレンズが多い(レンズが重い)ってのがあったので重量的にスライドライトを選択しました!
将来的にはリーシュも買ってしまいそうです!

PeakDesign  スライドライト  SLL-BK-3のスペック

カラーブラック
外寸L99 – 145 × W3.2cm
重量104g
同梱物アンカー×4、アンカーマウント

PeakDesign スライドライト SLL-BK-3をレビュー

それでは実際にレビューしていきたいと思います。

まずは開封からいってみましょう!
箱がオシャレ!

しかもパカっと開くスタイル!
見せ方がうまい!!

中身を取り出すとこんな感じです!

  • スライドライト本体
  • アンカー×4
  • 六角レンチ
  • アンカーマウント
  • リング×2
  • ステッカー
  • 巾着袋的な奴

スライドライト全体はこんな感じです!
うーん結構かっこいいんじゃないでしょうか!素材はシートベルトっぽい感じです。

スライドライトはバックルを上げて引っ張ると紐の長さを変えられます
さらに首元の部分には滑り止め加工がされているので、クルッと反転させて肩に掛けることもできます。

この動画の7分20秒くらいにクルって裏返して肩に掛けてるシーンがありますよ!

ちなみにこの金具っぽい奴、金属素材かと思ったらどうやらプラスチックみたいです。
それでも結構いかついのでカメラに傷を付けないように注意したいですね。

アンカー部分はグッと押してスライドすることで取り外しが可能です。

 

アンカーの紐が以前より太くなった為、リングが付属されるようになりました。
安全性が増しましたが、結局三角環を使うのと同じ感覚なので一部のユーザーからは不満の声が上がってるみたいです。

アンカーマウントを付けることで速写ストラップみたいな使い方ができます。
サイズもかなりコンパクトなのでミラーレス機でもバッテリー室の蓋に干渉しにくくて良いですね!

ただ三脚穴を塞いでしまう&六角レンチなので三脚をよく使う人は要注意ですね。

スライドライトをα6400につけてみる

トコログは三角環をがカチャカチャするのが苦手なのでsmallrigのLブラケットに直接取り付けしました。

関連記事 α6400にsmallrigのLブラッケットで小指余りを解決!機能性抜群!!

アンカーだけ取り付けるとこんな感じ。取り外せるメリットはかなり大きいです。

ストラップを付けるとこんな感じです。
意外とレンズが大きいのでサイズ感はいい感じでした。

しかし小型のレンズや単焦点を付ける場合は、リーシュの方が良いかなとも思いました。

スライドライトを実際に使ってみた感想

それでは実際に使ってみた感想をいくつか紹介したいと思います。

ストラップのデザインがオシャレでかっこいい!

まず見た目がいい感じです!!
さすがはPeekDesignって感じですね!

全体的のデザインが結構好み。

アンカーの取り外しはめっちゃ便利

三脚使う時にホント便利です。

ストラップって無いと不安なのですが、室内で物撮りしてるときって邪魔でしょうが無いんですよね。
しかもストラップつけたまま机に置いておいて、引っ掛けてカメラ落としちゃうとかありえますからね(´・ω・`)

なので家で使う時はストラップを外してる方が意外と安全だったりするので、この機能はホント便利だと思います。

カメラバックにしまう時は、傷つかないか心配

気になるのがバックル部分。見た感じ金属っぽいですが一応プラスチックっぽいです。
それでも硬い部品が大きく露出しているので、カメラバッグに適当にバッと入れちゃうとカメラに傷がついちゃう可能性があります

特に液晶などは注意しておきたいですね。

肩掛けスタイルが便利すぎ!散歩に最高!!

Slide and Slide Lite – Design Deep Dive

ストラップの長さが調整できるので、肩掛けスタイルとして使うことが可能。
おかげで少し重めのレンズを付けながらでも気軽に散歩ができます。

長いレンズを付ける場合、速写スタイルにすることでレンズが下に向くのでぶつける心配も減ります!

散歩+写真が好きなトコログにとってはこのスタイルがめっちゃ快適で大満足!

若干高い!アンカーだけ買うのもあり

価格に関しては若干高いです……
しかし製品のクオリティとしては大満足なので個人的には買って損は無いと思います!

それでもストラップにそんな金額は出せないって方はアンカーリンクスのみを買って、今使ってるストラップを流用する方法もあります。

これだけでも使い勝手がずいぶんとアップします。
お気に入りのストラップ+アンカーというのもありですね!

滑り止めが地味に便利

ストラップの表面に滑り止めの加工が施されているので、肩にヒョイとかけて運ぶときに意外と便利だったりします。

なぜ裏面に滑り止めしてないのだろうと思いましたが、裏面に滑り止めしちゃうと速写ストラップとして使う時に逆に不便なんです。

このあたりしっかりと考えて作ってあるんだなと感心しました。

まとめ

ということで今回はPeakDesignのスライドライトをレビューしてみました。

使ってみるとストラップの着脱が非常に便利です!
特に家でも外でも使うって人にはかなり有用です。特に三脚を使うときにストラップを外しておくと転落の危険性もグッと下がるので安全に使いたいって人にもおすすめですね!

そしてスライド機構もめっちゃ便利で肩に斜めがけして、移動する時はパッと体に密着させる事ができるので移動も安心です!

ということで、カメラのストラップで悩んでいる人は一度スライドライトを検討してみてはいかがでしょうか。

コメント