いちごとお酢で超簡単にいちご酢が作れる?!体に良くて飲みやすい!作り方も紹介!

どうもネタ切れをいちごでなんとかカバーしているトコログです。

もうそろそろいちごも取れなくなり、今は新しい苗を育てているみたいです(今回はノータッチ)。

しかしまだまだ冷凍庫には冷凍したイチゴがあるので、今回は果実酢(フルーツビネガー)のいちご酢を作ってみることにしました。

果実酢とは?

ところで果実酢とは何か?

世間一般で言われている果実酢は2種類あります。

まず果実を原材料にし、それを発酵させて作った果実酢と普通のお酢にフルーツを漬けて作る果実酢があります。

市販で売っているリンゴ酢なんかは発酵させて作ってあるお酢ですね。逆に漬け込むタイプでは市販品は少なく、一般的な家庭で作られるケースが多いみたいです。

ちなみに発酵させて作るお酢は作るのが難しい上に、発酵させるので一時的とは言えアルコールを作るので酒税法関係でアウトの可能性もあったりします。

私は酒税法に詳しくないので、なんとも言えませんが挑戦したい方はしっかりと調べてからにしましょう。

超簡単ないちご酢の作り方

という訳で今回はお酢にイチゴを漬け込むタイプのいちご酢(ストロベリービネガー)を作ってみることにしました。

色々なレシピがあったのですが、分量とかもかなり適当だったのでトコログも一応測りましたがかなり適当に作っています。

必要なものを準備

イチゴ酢を作るのに必要なものを用意しました。

  • いちご 約300g
  • 砂糖 150g
  • お酢500g
  • 適当な容器

ちなみに上記の分量で作るとかなり酸っぱいので、甘くていい感じにしたい場合は砂糖を倍にしても良いと思います。

実際に作ってみる

という訳でまず冷凍のイチゴを用意しました。

普通のイチゴを使う場合はヘタを取って洗っておきましょう。

それと容器ですがガラス製の物をしっかりと殺菌して使うほうがいいのでしょうが、面倒なのでプラスチック容器に水を入れてレンチン殺菌で誤魔化しました……

多分お酢だから問題ないかなと思っています。

そして次に砂糖を入れます。

本当は氷砂糖の方が良いみたいですが砂糖でも良いみたいです。

ちなみに砂糖は底に溜まって固まりやすいので、適度に容器を揺らしてあげる必要があります。

 

お酢をバーと容器に入れてひとまず終了です。

お酢に関してはリンゴ酢などがクセも無くフルーツ酢には適しているみたいですが、私は家にあったミツカンの穀物酢をそのまま使いました。

後は1週間~2週間位でしっかりといちごのエキスが抽出されるみたいです。

完成したいちご酢

という訳でこちらが完成したいちご酢です……

ごめんなさい、写真を取る前にペットボトルに移してしまいました。

しかし色はイチゴの色が出ていていい感じです。

いちご酢を飲んでみる

という訳で適当に水と氷で割って飲んでみます。

写真だと分かりづらいですがm水を入れると薄くて淡いピンク色がとてもいい感じです。

味の方もお酢のツンとしたトゲが抜けてイチゴの酸味と香りがフワッと漂ってきます。これ普通にスッキリとした味わいで美味しいです。

さらに炭酸水やソーダなんかで割ってみると、もう普通にイチゴ系のジュースに早変わりです。

まとめ

という訳で今回はいちご酢を作ってみました。

お酢自体は健康に良いと言われていて、イチゴ酢なら気軽に摂取できて良いなと感じました。トコログは毎日30ml程度のいちご酢を飲むようになりました。

作り方もとっても手軽で見た目もピンクで可愛いです。

いちご酢が気になっている人は一度作ってみてはいかがでしょうか?

コメント