男だけど日傘を使ってみたらめちゃくちゃ快適だった!熱中症対策におすすめ!

どうも散歩大好きトコログです。
しかし夏の散歩は大変!暑い!日焼けする!疲れる!他にも熱中症の危険性があったりと割と大変です。

あと単純に日に当たるだけでめちゃくちゃ暑いですよね。更に日焼けして、それがまた皮膚がヒリヒリして辛い。

という事で帽子を被って散歩に出かける訳ですが、こんなの気休めもいいレベルですよ!
顔も首筋も腕も熱くてしょうがありません。

一応日焼け止めを塗ったりするのですが、日焼け止め塗るのメンドイ……
という事で今流行の日傘を使って散歩してみたらどうか?という事で男だけど日傘を使ってみました!

実際に日傘を使って散歩に

という事でまず日傘を用意したいところではありますが、正直買いに行くのが面倒!
という事で普段使っている折りたたみ傘を使う事に!

ユニクロで買った便利な折りたたみ傘です!色もカーキでいい感じ日光を遮ってくれそう。
ちなみに雨傘の防水加工はUVカットの効果もあるので、意外と雨傘でも紫外線対策になるみたいです。

という事で問題なさそうなので普通の雨傘を利用することに。

まず日傘をさしてみると

画像はイメージです

まず家を出て周りをキョロキョロしながら傘をさします!
この時はまだ慣れていなくて人に見られると恥ずかしいと思っていました。

そして傘をさしてみると……

涼しい!!あのジリジリした暑さが無い!
腕も首筋も全然暑くないし、痛くない!

日傘すごすぎ!

という事で日傘をさしたまま散歩に行ってみました。

歩いてみても快適

トコログの散歩コースは田舎道なので直射日光をモロに受けます

という事で日傘をさして散歩にでかけてみました。

やはり日を遮る効果はかなりデカくて散歩をしていても全然疲れません
普段なら1分もあるけば暑さでウンザリしてくるのですが、日傘のおかげで快適!

こりゃ日傘最強じゃん!って感じで散歩していました。

30分くらい散歩してみると

里芋の葉っぱも日傘になるかな?

という事で30分くらい散歩をしていると、いつもならこの辺りで疲れてしまいますが、まだまだ余裕!

とは言えやはり炎天下の中を歩くと普通に汗は出ますね!
それでもまだまだ歩けるので調子に乗ってさらに散歩へ

1時間ぐらいすると……

ボロボロの小屋とツタ!

一時間ほど歩くと段々と傘を持っているのが面倒になってきますね。
腕だるい……

それでも日傘の効果で、かなり楽に散歩ができたと思います。
肌のジリジリ感がかなり減少して快適な散歩ができました。

日傘を使ってみた感想

それでは実際に日傘を使ってみた感想をいくつか紹介したいと思います。

めちゃくちゃ楽!体感温度がグッと下がる

実際に日傘を使ってみるとこれめちゃくちゃ良いです!

今まで肌に感じていたジリジリと肌を焼くあの感じが全くありません!こりゃ涼しい!
特に上半身に感じていた暑さがかなり和らぎました!

とは言え気温はそれなりにあるので普通に暑いので水分補給はこまめに取りましょう。

人混みや車には注意!

人混みや車とすれ違う時は結構邪魔になりがち。
特に人通りの多い道や、行列に並ぶ時は使わないほうが安全です。

傘の位置によっては目に当たって怪我をさせてしまう可能性があります。
日傘を使う時は周りに配慮して利用しましょう。

太陽に向かって傘を調整する必要がある

使っていて感じたのが、傘の向きで暑さが全然違うこと。

太陽に向かって傘を向けていないと急に暑さが復活してくるので、その辺りは結構シビアに調整する必要がありますね。

日焼け対策は4割程度

日傘で日焼け対策!

と思ったのですが、帰って腕とかみると結構赤いです。

どうやら日光は直射日光が4割、反射や拡散した光が6割程度あるということで、直射日光を防いでも完全に日焼け対策にはなりませんでした。

という事で日焼け対策をしたい場合は日傘+日焼け止めを使うほうが良いでしょう。
ちなみに日焼け止めについてはSPFが高いほうが効果的ですが、その分肌への刺激が強いです。

なので日傘と低SPFの日焼け止めを使うことで、結果的に肌へのダメージを減らすことができます

まとめ:男でも日傘で熱中症対策をしよう

という事で日傘を差すとめちゃくちゃ楽になりました。
もう男だからとか気にしてる場合じゃないですよ!もう日傘無しでは散歩に行けません。

他にも長時間屋外にいる場合には必須のアイテムとなりました。
まだまだ夏のイベントは目白押しだと思いますが、思い切って日傘を導入してみてはいかがでしょうか?

熱中症対策にも暑さ対策にかなりおすすめです。

コメント