お台場に出現した実物大ユニコーンガンダムを見に行ってきた!

先日お台場へユニコーンガンダムを見てきました。お台場のガンダムといえば等身大ガンダムが有名ですが、今回はユニコーンガンダムが等身大ガンダムの2代目として登場します。

実はお台場のガンダムは見たことが無かったのですが、等身大ガンダムは静岡に期間限定で設置された時に見に行った事がありました。あのスケール感はすごくユニコーンガンダムが建てられたとあらば見るしかあるまいと、9月末に見に行ってきました。

今回はユニコーンガンダムが実物大でお台場に登場!

今回の実物大になったガンダムはOVAアニメ(原作は小説)機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)に登場する機体で、主役のモビルスーツRX0 ユニコーンガンダムです。このガンダムの特徴は、全身真っ白な機体に一本のツノ様なアンテナがあり一見ガンダムぽくないんですね。

しかしNT-Dシステムという特殊なシステムが発動すると、全身のパーツが変形し、アーマーの下に隠れているサイコフレームがむき出しになり、そのサイコフレームが真っ赤に光ります。そしてその特徴的なツノが割れ、よく見るガンダムのアンテナに変形します。フェイスもガンダムフェイスに変形します。

ガンダムUC(ユニコーン)とは?

ガンダム作品のうちの一つの作品です。ガンダムも気がつけば30年以上の作品になります。その長い間に様々なガンダムやストーリが制作されました。というわけでガンダムにはアムロやシャア以外にたくさんのガンダムがあります。

機動戦士ガンダムユニコーンは初代ガンダムの宇宙世紀0079年から時が進み宇宙世紀0096年が舞台となっています。時系列的には機動戦士ガンダム 逆襲のシャアの後になります。

そしてユニコーンガンダムは最近のガンダム作品では群を抜いて人気があります。まず何と言っても宇宙世紀が舞台という事でしょう。ガンダムファンの中でも宇宙世紀というの聖域的な部分があり宇宙世紀以外は認めないというスタンスの人がいたりするくらいです。個人的にはUC以外のガンダムも面白くて最近の作品では鉄血のオルフェンズなんかもかなり楽しめました。

それと何と言っても映像クオリティの高さが当時のアニメ作品の中でもずば抜けて素晴らしかったです。冒頭の数分がPVとしてネット上で先行公開されてクシャトリヤとスタークジェガンの戦闘シーンに感動した人も多いのではないでしょうか?

私はその映像を見た後、すぐにインターネットで検索してみると、PSN(プレイステーションネットワーク)と近場の映画館で先行上映が当日始まったのを知り、勢いでレイトショーの予約をして見に行った記憶があります。

実物大のユニコーンガンダムはどこにある?

さてこの実物大のユニコーンガンダムがある場所ですが、こちらは今まで実物大ガンダムが設置されていた場所と同じ場所になります。2017年の3月に展示終了でガンダムファンは悲しい思いをしていたのですが、すぐにユニコーンガンダム立つとは驚きです。

場所は東京都のお台場のダイバーシティ東京プラザのフェスティバル広場になります。今やダイバーシティの目印とされていたお台場ガンダムですね。

住所は下記になります。

東京都江東区青海1-1-10ダイバーシティ東京プラザ内 2Fフェスティバル広場

アクセス方法は?

というわけで実物大ユニコーンガンダムはお台場のダイバーシティの前に立っているのですが、アクセスはどんな感じなのか?を紹介したいと思います。

お台場のダイバーシティという事で結構しっている人も多いとは思いますが、最寄り駅はりんかい線 東京テレポート駅ゆりかもめ台場駅が最寄りになります。

どちらの駅も徒歩で5分程度とアクセスも良いので、自分にあっている方の交通機関を使うと良いと思います。ただゆりかもめはりんかい線と比べ乗客の収容数が少なく、大きいイベントなどがあると駅までものすごい行列ができたり、入場規制が出る場合があるので混雑した時の為にりんかい線を使った方法も検討しておくといざという時に良いかもしれませんね。



実際にお台場までユニコーンガンダムを見に行ってきました!

というわけで実際にお台場までユニコーンガンダムを見てきました。私は関東で暮らし始めてお台場は数えるほどしか行ってませんが結構簡単にアクセスできました。

ゆりかもめで台場駅へ

今回は平日の昼間という事でゆりかもめを選択しました。私が住んでいる場所の場合、りんかい線もゆりかもめもそこまで時間も値段も変わらなかったので、ゆりかもめを選択しました。

ゆりかもめは何と言っても見晴らしがいいですね。今回は新橋から向かったのですがレインボーブリッジや東京湾を眺める事ができ、ゆりかもめは無人で運行しているので先頭車両の先頭はパノラマシートみたいに展望することができます。

ちなみにゆりかもめは電車やモノレールの様に見えますが、実は鉄輪では無くゴムタイヤで運行しているので自動運転の電動連結バス?的な少し変わった交通機関となっています。このなにやら近未来な感じが味わえるのでちょっとした観光気分が味わえるのでゆりかもめは結構オススメです。

ちなみに観光目的ならお台場と浅草を繋ぐ水上バスなんかもあるので、浅草観光とお台場観光両方をする場合、水上バスは結構おすすめですよ!

これは昔に隅田川の遊覧船に乗った時の写真です。川を船で移動するのは風がとても気持ちよかったですよ!これは浅草からお台場方面に下った時だったとおもいます。

そんなわけで台場駅で降りてました。

駅を降りて南方面を見るとダイバーシティが見えます。写真には写っていませんが手前にはフジテレビがあるのでわかりやすいと思います。道も遊歩道をまっすぐ南に向かうだけです。

ダイバーシティの横を抜けて正面の方へ向うと、なにやら真っ白な機体が見えてきました!まさしくユニコーンガンダムですね。

まだデストロイモードでは無くユニコーンモードですね!時間帯によってデストロイモードとユニコーンモードが切り替わるのでその時間帯にはたくさんの人が見に来ていました。変形のタイミングが見たい人はしっかりとプログラムをチェックすておきましょう。

ちなみにプログラムはダイバーシティのサイトに書いてありました。

<昼演出>
■「ユニコーンガンダム 変身」
11:00/13:00/15:00/17:00 壁面映像なし(約1分)

<夜演出>
■「機動戦士ガンダムUC RE:MIX0096」
19:30 壁面映像あり(約5分)

■「機動戦士ガンダムUC SPECIAL MOVIE “Cage” SawanoHiroyuki[nZk]:Tielle」
20:00 壁面映像あり(約4分)

■「翔べ! ガンダム 2017」
20:30 壁面映像あり(約2分)

■「機動戦士ガンダムUC RE:MIX0096」
21:00 壁面映像あり(約5分)

■「機動戦士ガンダムUC SPECIAL MOVIE“Cage” SawanoHiroyuki[nZk]:Tielle」
21:30 壁面映像あり(約4分)

※天候、イベント等により、予告なく変更・中止される場合があります。

引用:実物大ユニコーンガンダム立像演出について

というわけで私が行った時間は12時でユニコーンガンダムはユニコーンモードでした。どうやら時間帯によってユニコーンガンダムのモードが違うみたいで、13時の演出の後はすぐにユニコーンモードに戻らずデストロイモードが続いていました。そして夕方の17時30分ごろにもう一度ユニコーンガンダムに訪れるてみるとデストロイモードで17時以降はずっとデストロイモードでした。

とりあえず演出前にもしっかりと写真を撮っていきます!

ユニコーンガンダムのバストアップですが、いやーこの真っ白な機体はホンマかっこいいです。私は結構このユニコーンモードが好きでこの状態で何枚も写真を撮ってしまいました!

横からも一枚撮ってみました。平日の昼間なんで人は少なかったですが、訪れる人のほとんどが携帯やカメラなどで撮影していました。会社の昼休みに訪れている感じの人もいて、なんだかんだガンダムの人気はすごいなと思いました。

後ろ姿もかっこいいですね!しかしこの規模のサイズで変形機構を作ってしまうとは恐ろしい技術力ですね。アナハイムの人もびっくりでしょうね。

変形の演出を見る!

私が行ったのが12時くらいで、13時にユニコーンの変形する演出があるという事でこちらも見学しました。13時の10分前くらいから待機していたのですが、13時に迫るにつれたくさんの人が集まってきました。

いい場所で撮影したい場合などは前もって場所取りしておくといいでしょう。そんなわけで演出が始まったのですが、広場にガンダムユニコーンのおなじみのBGMであるUNICORNが流れます。そして変形する際のSEに合わせユニコーンガンダムも変形していきます。

これはちょうど変形しているシーンですね。この後フェイスがガンダムフェイスになり角が割れてデストロイモードになりました。

こちらがデストロイモードに変形したユニコーンガンダムですね!やはりこのデストロイモードを見るとテンションがあがりますね!ただ昼間の一番日差しが強い時間帯なのでサイコフレームの赤い発光が綺麗に見れないのと写真のライティング的にもあまり良くないので、きれいな写真を取りたい人は、夕方に日の入りの時間帯などがオススメです。

それと人が結構いますので、ガチで撮影したい場合はNDフィルターと三脚を持ってくると良いかもしれません。夜間の撮影も三脚があると長時間露光しやすいですし。

夜まで時間を潰す

さて今回は昼間の状態のユニコーンガンダムみたいので昼間に来てしまいましたが、一番見応があるのは夜という事で、遅い昼食をとりダイバーシティで時間を潰すことにしました。

そしてダイバーシティにはガンダムベースという歴代のガンプラが飾ってあったりする場所があるので、ガンダム好きな人は是非とも訪れるといいでしょう。ガンプラとガンダムは切っても切れない深いつながりがあります。

THE GUNDAM BASE TOKYOへ行こう

ガンダムベースはダイバーシティの7階にあります。かなりフロア面積がありびっくりしました。

フロアにはたくさんのお客さんがいました。外国人の観光客もいてガンダムの知名度は海外でもかなりありますからね。ここには時系列別にガンダムのタイトルとそれを代表するモビルスーツが展示されていました。

入り口の入ってすぐ左にはガンダムビルドファイターズの3人がいますね!トライ勢がいないのは人気の影響でしょうか…しかしビルドファイターズで一時期ガンプラがすごい売れたとか。

ガンダムビルドファイターズはガンプラを題材にとりあげたすこし変わったガンダム作品ですが、個人的には最近の地上波シリーズでは抜群におもしろかったです。

奥にはいろいろなガンプラが飾られていました。ちなみにこの後ろにもガンプラが飾られていましたが、撮影は禁止されていたので注意しましょう。

他のフロアを覗いてみるとガンダム関連のグッズが置いてありました。一見するとおしゃれなアイテムに見えて実はガンダムなんてオシャレなアイテムがおおいですね。

もちろんガンプラも大量に取り扱っていました。ここではガンダムベース限定ユニコーンガンダムが置いてあったりしますので、気になる方はチェックしておきましょう。

ちなみに私はユニコーンガンダム自体は1/144ではロボット魂だけで3体所持していますので購入は見合わせました……というかユニコーンガンダムはパーツ数が多すぎて積みプラしちゃうと思います……

ガンダムベースではなんとビルダースペースでガンプラの組み立てができちゃいます!しかもニッパーの貸出があるのでガンプラを購入してすぐ組み立てられるのはいいですね。お父さんとお子さんと一緒に組みたてればいい思い出になりますね。

さらにとなりのスペースはペインティングスペースになっており本格的に塗装をしてみたい方は一度利用してみると良いかもしれませんよ?

他にもガンプラの製作工程が分かる展示物があったりしまし。

これはガンプラ工場の模型になっていてどうやってガンプラが作られるのかが分かるようになっていますね。小学生くらいの子にとってはかなり楽しめるのではないでしょうか?もちろん大人の人も楽しめると思います。

そんなわけでここである程度時間を潰した後は、近くにラウンドワンが合ったのでそこでスポッチャやカラオケ、ボーリングなどもあり夜まで時間を潰すのには良さそうな感じでした。

私はカメラの電池を充電し忘れ、電源が欲しかったのでカラオケに行くことにしました。

夕暮れ時がシャッターチャンス!

というわけでガンダムベースなどで時間を潰した後、夕暮れに近づいてきたので、もう一度ユニコーンガンダムを見に行ってみました。

日の入後の10分間はマジックアワーなんて呼ばれていて、太陽が隠れているので影がなく綺麗な写真がとれるっていうのは有名ですね。そしてユニコーンガンダムのサイコフレームの光と合わさったとてもいい感じに撮れるのでは?と思い時間を合わせて見ました。

ちなみにこの日の日の入りは17時30分くらいでした。冬に近づくに連れて段々と早くなっていくのお出かけ前にしっかりとチェックしておきたいですね。

そんなわけで日の入り10分前に写真を撮ってみたのですが、暗くなるとサイコフレームの光がとってもかっこいいです。やはりこの時間帯はオススメです!

空がいい感じですね。ただ海辺なのか空が白っぽい感じはしました。でも青とオレンジのグラーデーションがバックがいい感じです。ただ正面からは背景がダイバーシティになってしまうのがすこし惜しいですね。

そんなわけであとは19時の演出まで待機しました。すこし時間があったので近くのカフェでのんびりしてから向かいました。

19時の演出は必見です!

夜も深まりユニコーンガンダムのサイコフレームがとってもいい感じになってきました。そして周りにたくさんの人がスマホやカメラを持って集まってきました。

夜もいい感じです。

さて時間になると広場に大音量のBGMが流れ、主人公パイロットのバナージのセリフが入り演出が始まります。デストロイモードのユニコーンガンダムはユニコーンモードになり。様々な色のライティングが施されます。

そして私のいた場所からは見えませんでしたが背景の白い部分にアニメ本編の映像が編集されたのが流れています。その映像に合わせユニコーンガンダムが変形したりと大変見応がありました。

フェイスはユニコーンモードですが全身が赤く光っています。

他にも緑色に光る演出がありました。コレを見た時ついかっけえと呟いてしまいましたw

そんなわけで無事演出が終わりました。その後も8時にもいろいろとあったのですが、用事があったのでこれで退散しました。いやーしかしホントかっこよかったです。

まとめ

というわけでお台場にできたユニコーンガンダムを見てきたのですが、そのクオリティは一見の価値ありです。特にユニコーンガンダムを見たことがある人にはオススメです。特に夜間はサイコフレームの光がとてもかっこいいので夕方から夜に訪れるのをオススメします。

他にもガンダムベースではたくさんのガンプラを見たりすることができるので、家族で訪れるのもいいのではないでしょうか?もちろんガンダムに興味がない人もコレだけの造形物は楽しめると思いますよ。インスタにも映えるのではないでしょうか。

そんなわけで個人的にはお台場に行って大変良かったです。