microUSBでカメラのバッテリーが充電できる充電器が最高だった!

最近のカメラのバッテリーて殆どが専用バッテリーになりましたよね。私が学生の時代でも殆どが専用バッテリーで専用充電器が付属しているスタイルのものでした。しかしもう少し前の時代になると単3電池で動いている機種があったりしたそうですよ。

そんな充電器の話なのですが、私が現在使っている一眼カメラはα55というソニーから発売された機種なんですが、これも気がづけば5年以上も愛用しています。

今はフルサイズミラーレスやハイエンドコンデジと色々なカメラがあって興味をそそられるのですが、なんとなくまだまだα55が使えるので全然現役として活躍してもらっています。金銭的に余裕があればいずれ中級機やハイエンド機種は欲しいですけどね……

今使っている純正充電器はコンセントに挿すタイプ

私のつかっているα55なのですが、こいつは最近のミラーレス一眼みたいにUSBぶっ刺して充電とかはできない機種でバッテリー専用の充電器を使う必要があります。

付属の充電器は一般的な充電器でバッテリーをセットしてコンセントに差し込むという、ごくありふれた充電器です。ただこのバッテリー自体にいくつか弱点がありまして、カメラ本体に入れた状態で放置しておくと一週間ほどで電池がなくなっている場合が多いです。

かといって電池を外した状態にしておくと、カメラ内のメモリー用バッテリーが減って毎回日付設定をするのも面倒ですようね。そんなわけでこのカメラを使う時にバッテリーが減っている場合が多いので、使う前日とか充電したり予備バッテリーを用意しておくのですが、なんだかんだ充電を忘れて当日困ったという場面は結構ありました。

実際にお台場に実物大ユニコーンガンダムを見に行った時に、カメラの充電を忘れて朝急いで1時間ほど充電したのですが半分も充電できてなくてホントに困りました……

それとこの充電器は現行の充電器に比べ出力電力が低い8.4Vの0.28Aと現行の8.4V 0.4Aと比較しても充電時間が掛かるのも難点です。

最近のカメラはモバイルバッテリーで充電できる

ところで最近のカメラはスマホなどに使われているusb端子で充電できる機種が幾つかありますよね。むしろ充電器が付属していないケースもあるとか、そういった機種ならいざという時にモバイルバッテリーを利用して充電することができて便利ですね。

実際に友人とカメラを持って出かけた際に、その友人がバッテリーの充電をしてなくて困っていたのですが、話を聞くとusbで充電できるらしく、丁度私がモバイルバッテリーを携帯していたので移動中にモバイルバッテリーで充電した事がありました。

その時はその機能がすごく羨ましく感じました。最近はモバイルバッテリーの需要も増えて、便利なモバイルバッテリーも増えているので、ますます需要がありそうですね。画像のモバイルバッテリーはコンセントで充電する機能がある便利な製品なのでこれと組み合わせて使えば旅行なんかでも便利ですね。

Ankerの「PowerCore Fusion 5000」が革命すぎる!充電器一体型のモバイルバッテリー!
どうもみなさんこんにちは。最近は段々と気温が上がってきており、梅雨が開けたら一気に夏本番に入りそうな雰囲気ですね。これから…

Amazonでおもしろい商品を発見!

そんなわけでusb経由でなんとか充電できないかなとネットなどで色々調べてみると結構良さげな商品を発見しました。Amazonには家電量販店にはない面白い商品が沢山ありますよね。特に中国製のあやしいモノも結構あります。カメラでは互換バッテリーが有名ではないでしょうか?

純正バッテリーが6000円と8000円と、とんでもない値段で販売しているのに対して中国製の互換バッテリーは1000円もしない値段で買えたりします。ただクオリティは安かろう悪かろうですぐ電池切れするバッテリーがあったり、%表示が当てにならないやつがあったりとリスクも結構あります。

そんなわけでもしかしたらusb経由で充電できる非純正の充電器もあるのでは?と思い調べてみるその通りでいくつかの商品がでてきました。ちなみにAmazonでNP-FW50(バッテリーの型番)と検索したら普通に出てきました。

NP-FW50対応 USB充電器

というわけで私が購入したのはこのブランドも良くわからない充電器です。一応PCATECというブランドなのかもしれませんがGoogleでググっても公式サイトもなさそうですし、ほぼノーブランドといってもいいでしょう。

しかし機能的には申し分も無く、価格も安いのでこれでしっかり使えたら文句なしです。というわけで実際に使ってみました。

実際に使ってみる

使い方はとっても簡単で本体上部にmicroUSBの端子があるのでそこに、充電器やPCからケーブルにつなげて、本体に充電池を載せるだけでOKです。

スマホなどでよく使われるmicroUSBの端子ですね。ここにケーブルをつなぎます。

写真の様にモバイルの接続でも問題なく使用できました。入力の電力が5Vの1~2Aあればいいみたいなので普通のスマホ用充電器であれば問題無さそうです。ただUSB2.0のPC接続だと電力が足りないと思うのでそこは注意が必要かもしれません。

こんな感じで、電池を充電台で載せるだけ充電開始されます。現在バッテリーMAXの状態なので、充電されていませんが、充電がない場合は青く光り充電が開始されます。

というわけで実際に使ってみてかなり理想的なアイテムでした。出力電力も8.4Vの0.6Aと純正の物より速く充電できたりとメリットがかなりでかいですね。

それとバッテリーはうまくハマっているので保持力はそこそこあるとは思いますが、しっかり固定されているわけではないので、バッグの中で充電とかしているとバッテリーがポロッと落ちる可能性もあるのでそこは注意が必要かもしれません。

それと今回は電池を一個だけ充電できるタイプの物を購入したのですが、α7などバッテリー消費が激しいカメラは2本充電できる製品があるのでそちらもおすすめですね。

この商品はは互換バッテリーが2個ついて2個充電できるみたいです。純正では考えられないくらい安いのが魅力です。

まとめ

というわけでmicrousb経由で充電できる充電器を購入してみたのですが、思った通り使いやすく、それでいて純正より高速に充電できると言うことなしです。

製品の作りは結構雑でちゃちいですが、それ以上に使い勝手が良く、予備のバッテリーがあると運用の幅はかなり広がりそうです。特にモバイルバッテリーと一緒に使えばホントに便利で充電を忘れても移動中に充電できるのは大きいです。

というわけで純正の充電器でお困りの人は一度購入を検討してみてはどうでしょう?ニコンやキャノン用の充電器もあるみたいなのでオススメです。

今回購入した商品はコチラになります。

シェアする

おすすめの記事