サントリーのスペシャルリザーブをレビュー!終売続出で再評価されはじめたウイスキー

どうもウイスキー大好きトコログです。

リザーブと言えば古くからあるサントリーのベストセラー商品。
オールド・リザーブ・ローヤルは高度成長期時代の人にとっては懐かしいお酒では無いでしょうか。

先日友人とお家で飲み会をする予定があって、お酒の買い出しに酒屋さん行ったのですが、そこでリザーブを発見したので購入することにしました。

という訳で今回はサントリーのスペシャルリザーブをレビューしたいと思います。

スポンサーリンク

サントリーウイスキースペシャルリザーブをレビュー

という訳で今回はサントリーウイスキースペシャルリザーブを購入してみました。

リザーブは1969年に誕生したウイスキーで、当時はバカ売れしたオールドと並んで人気のウイスキーだったみたいです。

なのでその時代に働いていた方にウイスキーのお土産に持っていくと響より喜ばれるなんて事もあったりします。ちなみにその後延々と俺の時代は~って長話も聞くこともできるかも。

近年はあまり人気がなかったリザーブ

多種多様な国産ウイスキーが発売され、数年前には人気のない銘柄となっていました。

当時はシングルモルトブーム原酒が豊富にあったので年数表示のある商品が人気(リザーブも10年表記していました
特に同価格帯には竹鶴12年旧余市に、低価格帯にはブラックニッカ8年などニッカの強力な商品があったりとリザーブはどうもパッとしない印象。

他にもスコッチの有名な3本(ジョニーウォーカー黒・バランタイン12年・シーバスリーガル12年)があり、正直リザーブ買うくらいならこれらの商品のほうがコスパが良いと言われてました。

そしてサントリーにも圧倒的な存在、響12年がいたりと肩身の狭いリザーブでした。
そんなリザーブですが、近年は再評価され始めています。

スペシャルリザーブが再評価されはじめた

ニッカのコスパに優れた商品が終売続出、さらにスコッチ輸入ウイスキーも為替の影響などもあり値上がり傾向

そして響12年が終売し、響17年は休売とサントリーのブレンデッドのラインナップに大きな変化が訪れました
そういった流れで密かに注目を集めているのがリザーブローヤル

現在のリザーブはキーモルトに白州を使用しており、白州の青りんごや洋梨を思わせる華やかな香りが特徴的で割とウイスキーファンからの評価は上々です。

白州原酒が少ない現状では、リザーブはかなり貴重で重要なポジションのウイスキーと言えるでしょう。
※白州12年や白角が販売休止と白州原酒はかなり貴重になってるみたいです。

関連記事 白角が休売に!?代わりに世界のウイスキーを楽しもう!おすすめのウイスキーを紹介

スペシャルリザーブのデータ

商品名スペシャルリザーブ
メーカーサントリースピリッツ株式会社
アルコール度数40%
原産地日本
原材料・成分モルト、グレーン

実際にスペシャルリザーブを飲んでみる

という訳で今回はスペシャルリザーブを飲んでみたいと思います。

ボトルのデザインは昔ながらのリザーブといった感じでかっこ良いですね。
サントリーは広告とかボトルのデザインは本当優秀です。

赤ワインに使われるような濃緑色丸っこいデザインがどこか高級感と可愛さを纏ったボトルです。

まずはストレートで飲んでみる

まずはストレートで頂いてみます。

第一印象はめっちゃ白州っぽい

白州といえばあの清々しい青りんごや洋梨を思わせるようなとても華やかでフルーティーな香り
それが全面にきていて、「あれ?これめっちゃ白州やん」って思いました。

もちろんキーモルトに白州を使っているので、当たり前ですがこの価格でここまでハッキリと白州っぽさを感じれるのはスゴイかも。

フルーティな香りに、スモーク感もあり、バニラの様な甘みとビター感も感じます。

これは思った以上に本格的で普通に美味い。

トワイスアップで飲んでみる

次は加水してトワイスアップで頂いてみました。

トワイスアップにする事で華やかな香りが一段と浮き上がってきます
香り自体は非常に豊かでずっと匂いを嗅いでられるくらいです。

香りの良さは相変わらずですが、味わいはずいぶんとアッサリ、ライトな印象に。
これはこれで飲みやすくて良いのですが、本家白州なんかに比べると幾分パンチ力に欠ける印象。

華やかでフルーティー感はしっかりと主張しているのに対して、ピートやビターな感じがかなり薄れて、全体的にライトで飲みやすい印象。

人によってはこちらの方が好きって人もいるかもしれませんね。
ただ個人的にはすこし重みがスポイルされてしまった印象です。

ロックで飲んでみる

次は氷を入れてロックで飲んでみます。

うーん!ロックはロックでまた面白い感じです

驚いた事にロックにしても白州の爽やかなフルーティー感がしっかりと残っています。

そしてピートバニラ香がそれなりに主張を始めます。
味も甘みが薄くなり、ビターの比率が上がってトワイスアップで感じたライトな印象からそこそこ重さを持ち始めます。

それから飲み進めると温度が冷えた影響か、華やかな香りは大分閉じてしまいますが、スモーキーな香りが目立ちはじめました。

割とピートを感じれるので、そういったスモーキーなウイスキーが好きな人はロックを試してみるのもありだと思います。

ハイボールで飲んでみる

ラストはハイボールを頂いてみます。

いやーこれ白州のハイボールにそっくり!
白州の爽やかな香りとビターな感じがホントに似てます。

ワンランクどころか2ランク上のハイボールって感じで、非常にハイボールに向いてる印象。

ハイボール好きな人にも結構おすすめですね。

まとめ

今回はサントリーのスペシャルリザーブをレビューしてみました。

思った以上に白州っぽくてびっくりしました。何度か飲んだことがある筈なんですがね……
しかしこれは嬉しい誤算です。

個人的にはスペシャルリザーブはストレートで飲むのが一番良いかなと感じました。
アルコール感も価格帯の割にはマイルドで香りや味のバランスが一番良かったと思います。

そんな訳でリザーブが気になっている人は一度試してみてはいかがでしょうか?特に白州っぽさが気になる人にはおすすめですよ。

関連記事 サントリーオールドをレビュー!見た目が良く飲みやすくコスパの高い日本ウイスキー!
関連記事 バランタインファイネストをレビュー!コスパが良くスコッチ入門の定番ウイスキー!

コメント

  1. 通りすがりのウイスキー好き より:

    響のジャパニーズハーモニーが終売と書かれていますが、響17年休売の間違いではないでしょうか?
    ジャパニーズハーモニーは今も店頭に並んでいますし、響17年は終売ではなく休売と公式で発表されていたはずです。