カバラン コンサートマスターをレビュー!大人気の台湾産ウイスキー!

どうもウイスキー大好きトコログです。

前回カバランのディスティラリーセレクトをレビューしたのですが、それが予想以上に美味しくてカバランの魅力にハマってしまいました
関連記事 カバラン ディスティラリーセレクトをレビュー!台湾ウイスキーのシングルモルト

そんな訳でカバランの別の銘柄も飲みたい…ってわけで実はカバランのコンサートマスターのミニボトル(200cc)がストックにあったので飲んでみたいと思います。

ちなみにこれは台湾の知り合いがお土産に台湾で買ってきてくれたもので、日本にある輸入品とは違いはあるのかな?

そんな訳でカバラン コンサートマスターをレビューしていきたいと思います。

カバラン コンサートマスター 200cc

今回レビューするのはカバラン コンサートマスター 200cc
頂き物なのでミニボトルの200ccタイプとなります。

カバランは台湾の亜熱帯な地域に蒸留所があるおかげで、樽熟成が1~2年で原酒ができあがるという変わったウイスキー。

そして今回のコンサートマスターはアメリカンオーク樽で熟成させ、ポートカスクで仕上げを行っているみたいです。

ちなみにポートカスクはポルトガルのポートワイン用の樽のことみたいですよ。

公式のテイスティングノート

色合い
あたたかな赤褐色

風味
新鮮なイチゴ類の香りとハチミツの香りに加えマシュマロの風味が広がります。

口当たり
コクと甘みがあり、調和のとれた口当たり。

おすすめのお召し上がり方
デザートと相性がピッタリです。 (通常の酒類コンペティションの温度は約20度です)

イチゴ類の香り、ハチミツ、マシュマロの風味ととてもスイートで甘いウイスキーが想像できますね。

公式サイト Kavalan Concertmaster|Kavalan Whisky

カバラン コンサートマスターのデータ

商品名カバラン コンサートマスター
ブランド金車(King Car)
輸入代理店リードオフジャパン株式会社
アルコール度数40 %
原産国台湾
原材料・成分モルト
  • SWSC(サンフランシスコ・ワールド・スピリッツ・コンペティション) 2017 金賞受賞
  • SWSC 2014 ダブル金賞受賞

カバラン コンサートマスターをレビュー

というわけでカバランコンサートマスターのレビューをしていきたいと思います。

まずボトルですが深い緑色をしていて、ボトルはクラッシックやディスティラリーセレクトと同じ形状のボトルですね。

ミニボトルということで栓はスクリューとなってます。

ストレートで飲んでみる

では早速ストレートで頂いてみました。

まず見て分かる通り、ずいぶんと赤みがかった色をしていますね。
ワインカスクも赤っぽい色になるのでポートカスクフィニッシュというのがわかります。

そして香りですが、とてもフルーティーでフレッシュな香りがします。
そしてフローラルな香りととても華やかな感じと、ウッディーな香りもしてきます。

味わいは樽感やバニラな感じがブワってきて、そのままスパイシーな感じやタンニンの様な渋さも若干感じました。
余韻もウッディーで樽感が強いなと思いました。
全体的に刺激は少なくマイルドで飲みやすいですね。

香りと味のバランスも良くほんのりスパイシーなのが結構クセになりますね。
短期熟成でここまでのウイスキーができるのは素晴らしい。

次はトワイスアップで飲んでみる

次はトワイスアップで頂いてみます。

まず香りですがやはり樽のウッディーな香りが非常に強く感じました
他にも青りんごみたいな果実感ある香りもします。

そしてシナモンの様なスパイス感もありフローラルな香りと色んな顔を出してくるので表現に困りますね……
時間が経つと香りの感じ方も変わってくるのでゆっくり楽しんでみるといいかも

味わいはずいぶんとマイルドで甘くフルーティーな感じになり、スパイシーな感じがずいぶんと薄れました。
そしてバニラやウッド感が余韻として残ります。

全体的に香りが豊かで甘くしっとりとした印象です。

ロックで飲んでみる

最後は氷を入れて頂いてみました。

やはりウッディーですねそれとカラメルやハチミツみたいな甘い香りが目立ってきました。
しかし香りは全体的に閉じてしまいました

味わいは最初にシナモンの様なスパイシーさを感じウッディーな感じからフローラルで華やかな余韻と移り変わっていきました。

ロックはこの余韻が素晴らしいですね。

まとめ

というわけで今回はカバランコンサートマスターのレビューをしてみました。

コンサートマスターは複雑な香りで、色んな顔を持っているので飲み方を変えると随分と雰囲気が変わるので楽しいです!
全体的なクオリティも高く、香り、味わいとどちらも濃厚でボトルで1万円近い金額するのも頷けます。

こうなると他のカバラン製品や、オマーなどの台湾ウイスキーが気になります。
なんなら台湾旅行に行ってみたくなりまね。

もし他のカバラン製品なんかでオススメの銘柄とかあれば、コメントやTwitterで教えてくれると嬉しいです。

というわけでカバランコンサートマスターが気になっている人は一度チェックしてみてはいかがでしょうか?

関連記事 カバラン ディスティラリーセレクトをレビュー!台湾ウイスキーのシングルモルト

コメント