バランタインハードファイヤードをレビュー!濃厚な香りが特徴的!

バランタインハードファイヤードのアイキャッチ

どうもウイスキー大好きトコログです。
今回はバランタインハードファイヤードをレビューしていこうと思います!

バランタインハードファイヤードはバランタイン12年と似たような値段をしていますが、年数表記のないNAS(ノンエイジステートメント)です。
なのでどうしても12年と年数表記のある銘柄に手を伸ばしがちですよね。

でもあえてこの価格で出しているからにはそれなりの理由もあると思います。
という事で今回はバランタインハードファイヤードをレビューしていきたいと思います。

バランタインハードファイヤード

バランタインハードファイヤード全体

という事で今回購入したのがバランタインハードファイヤード
実は2017年に発売とかれこれ2年近くが経ってますがレビューがまだだったので、久しぶりに購入してきました。

ついでにバレルスムースも購入したのでこっちもそのうちレビューしたいと思います。

さて価格もそうですが、ボトルやラベルのデザインはバランタイン12年と同じものを使っていますね。
バランタイン12年と同ランクのウイスキーを意識して作ったと思われます。

ところでハードファイヤードって何?

ところで、このボトルの名前にもなっているハードファイヤードとは一体何なのでしょうか?
バランタインハードファイヤードは「ハードファイヤーリング」と呼ばれる製法を使っており、これが名前の由来となっていると思います。

ちなみにハードファイヤーリングは通常の場合は樽の内側が乾いてからチャー(樽の内側を焦がす)をするのに対して、樽の内側のアルコールが乾く前にチャーを行うようです。

もちろんアルコールが残っているので炎は激しくなり、結果的に豊かなバニラ香とかすかなスモーキーさを出すみたいです。かっこいい!

バランタインハードファイヤードのテイスティングノート

色合い 黄金のような明るい琥珀色
香り 洋ナシのようなフルーティーさ、バニラ、バタースコッチ、かすかなスモーキー
味わい スムースかつクリーミー、蜂蜜、赤リンゴ
フィニッシュ バニラのように甘く長い余韻

バランタイン ハードファイヤード [Ballantine’s] 香るウイスキー バランタイン

以上が公式サイトのテイスティングノートになります。
特徴としては、洋梨バニラ蜂蜜、など甘い雰囲気のウイスキーなのかなって感じですね。
特にバニラを押していたので、どんな感じなのか楽しみです。

バランタインハードファイヤードの詳細

バランタインハードファイヤード裏面
商品名バランタインハードファイヤード
ブランドバランタイン
輸入代理店サントリースピリッツ株式会社
アルコール度数40%
原産地 スコットランド
原材料モルト、グレーン

バランタインハードファイヤードをレビュー!

という事で早速バランタインハードファイヤードをレビューしていきたいと思います。
それではまずボトルのデザインから見てみましょう。

バランタインハードファイヤード正面

ボトルとラベルの形状はバランタイン12年と同じものを採用していますね。

バランタインファイヤードのシェブロンシェイプ ラベル
シェブロンシェイプ ラベル

バランタインの特徴的なシェブロンシェイプ ラベルの背景には、焦げた樽の内側の写真がモノクロで載っていてちょっとかっこいいですね。
HARD FIREDの文字もワイルドな雰囲気が出ています。

ストレートで飲んでみる

バランタインハードファイヤードと注がれたグラス(グレンケアン)

それでは早速グラスに注いで飲んでみたいと思います。
まずですが、かなり濃い琥珀色です。ここまで色が濃いのもめずらしいですね。

そして香りですがすごい濃厚です
最初はフルーティーな雰囲気ですが、バニラやシロップなどこってりとした甘い香りがしてきますね。
スモーキー感はどっちかというと香ばしいという感じがしました。

味わいは香りに比べ、非常にマイルドで優しいです。
ノンエイジの割にはアルコール感が無く、さらっとしたシロップの様な甘さと、リンゴの様なフレーバーが心地よいですね。

余韻はかなりスッキリとした感じで非常に飲みやすいです。
名前やパッケージのハードな雰囲気とは一転して、味わいはマイルドで飲みやすくてびっくりですね。

という事で久しぶりのハードファイヤードですががやっぱり美味しいですね!
特にストレートは飲みごたえがあって個人的にお気に入りです。

トワイスアップで飲んでみる

次は同量のお水を加えて頂いてみました。

まず香りですが水を加える事で、フルーティー感が増します。
洋梨やリンゴにバニラや蜂蜜などの甘くスイートな香りがバランス良く広がっていました。

味わいはかなりスッキリとして、かなり飲みやすいです。
ウイスキーに慣れてない人でもスルスル飲めちゃいそうな雰囲気ですね。

個人的に感じたのは香りが豊かな分味わいがすこしライトな印象ですね。
ウイスキーに慣れてない人にとっては非常に飲みやすくて良いのでは無いでしょうか。

逆にウイスキーに慣れている人は水の量を減らしたり、ストレートがおすすめですね。

ロックで飲んでみる

バランタインハードファイヤード、ロックグラスに丸氷

それではロックで頂いてみたいと思います。

まず香りですが、冷やされても意外とバニラ系の甘い香りや香ばしい匂いが衰えていません
かなり濃厚です!

そして味わいもかなりバランスの良いです。
マイルドで飲みやすく、それでいてライト過ぎない感じでかなりバランスが良いと思います。
個人的には、氷があまり溶けてない最初の状態がおすすめです。

そしてスモーキーさもすこし感じることができました。
でもほんとちょびっとって感じですね!

個人的にロックのバランスも非常に良くて、ロックが好きな人にはかなりオススメなウイスキーだとおもいます。

おまけ:バランタイン12年と飲み比べしてみました

バランタイン12年とバランタインハードファイヤード

ついでに、手元にあったバランタイン12年と飲み比べてみました。
画像からでも分かる通り、ハードファイヤードの色がめっちゃめっちゃ濃いんですよね。

そして飲み比べてみた感想ですが、香りの濃厚さではハードファイヤードが圧倒するのですが、12年の方が味わいや香りのバランスが良く、味や香りの複雑さも12年の方が1枚上手といった印象です。

ハードファイヤード個性を全面に出していくスタイルに対して、12年はバランス良く王道のスタンダードスコッチといった印象を受けました。

こうして飲み比べてみるのも楽しいですね!どっちも美味しいです!

まとめ:香りは濃厚!味わいはライトで以外にも飲みやすい

ということで、今回はバランタインハードファイヤードをレビューしてみました。

まず驚いたのが濃厚な色と香りですね!
2000円台とは思えないくらい濃い色をしていて、香りも非常に濃厚です。

それでいて味わいはマイルドでライトな印象で面白いです

個人的にはストレートやロックなど濃い目で飲むのがオススメです。
水を加えると非常にライトな印象なので、ウイスキーにまだ慣れてないって人にもかなりオススメです。

仕事で疲れた後に、濃厚な甘い香りを堪能して日々の疲れを癒やしてみてはいかがでしょうか?

コメント