アイラミストをレビュー!アイラだけどブレンデッドウイスキーだから飲みやすい!

どうもウイスキー大好きトコログです。

今回はアイラと名の付くとあるウイスキーを購入してみました。

アイラと言えば、正露丸やら焦げ臭い、しょっぱいなど人によってはネガティブなイメージですが、好きな人はホントに好きなアイラモルト

ちなみに苦手な人はとことん苦手です。

そんな訳でアイラ系はあまり人に勧めにくいのですが、そんなアイラの特徴を持ちつつも飲みやすいウイスキーがあります。

それがアイラミスト8年です

今回はそんなアイラミストをレビューしたいと思います。

アイラ ミスト 8年 700ml

今回購入したのはアイラ・ミスト 8年 700ml

アイラミストと言えばラフロイグキーモルトスペイサイドのモルトやグレーンをブレンドしたちょっと面白いウイスキーです。

ラフロイグは好きな人は好きですが、なれてない人がいきなり飲むとその飛び抜けた個性にウイスキーに苦手意識を持ちかねない諸刃の剣的なウイスキー。

そんなラフロイグを飲みやすいようにと作られたのがアイラミストみたいですね。

公式のテイスティングノート

アイラモルトの特徴であるピート香、スモーク香、潮味とスペイサイド・モルトのスムーズで甘い風味が、完璧なブレンデッドに作り上げています。

やはりアイラモルトのピート香、スモーク香、潮味が特徴となるみたいですね。そこにスペイサイドのモルトで飲みやすく仕上げているイメージですね。

公式サイト ユニオンリカーズ株式会社 – ヨーロッパ各国のワイン&リキュール

アイラミスト 8年のデータ

商品名アイラ・ミスト 8年
生産者マクダフ・インターナショナル
輸入代理店ユニオンリカーズ
アルコール度数40 %
原産国スコットランド
原材料・成分モルト・グレーン・カラメル

アイラミストはスコットランドのブレンデッドウイスキーとなります。
そして原材料をみるとカラメルが入っていますね。

ちなみに本場スコットランドではカラメルは唯一認められる添加物なので違法とかそういう事は無いので安心してください。

アイラミスト8年をレビュー

それでは実際にアイラミストをレビューしてみたいと思います。
すこし中身が減ってるのは写真を撮ったのにSDカードをフォーマットしてしまった為です……

そんな訳で実は2回めの撮影となっています。

ボトルもラベルのデザインはなんとも普通というか可も無く不可も無くと言った感じですね。

ストレートで飲んでみる

まず香りですがアイラ特有のヨード的系の香りがブワッときますね。
そしてスモーキーな焦げ感があり、やはりキーモルトがラフロイグなだけあって非常にクセがあります

しかしラフロイグなどのシングルモルトに比べ、バニラや果実感もありずいぶんとマイルドな印象ですね。

味わいはヨード香が最初にきますが、マイルドで、バニラ感や甘みがありかなり飲みやすい
そしてスモーキーなフレーバーが余韻に残ります

アイラ系でもブレンドということもあり、非常にマイルドで飲みやすい
アイラ初心者にはかなりオススメだと思います。

トワイスアップで飲んでみる

次はトワイスアップで頂きました。
まず加水をすることでヨードの正露丸の様な香り一段と強くなった印象です。

味わいに関してはずいぶん甘くスペイサイドの原酒がいい感じマイルドにしてくれている印象です。ただ最初に感じるヨードの香りが弱々しい感じになってしまい少し物足りなさを感じます。

そんな訳でトワイスアップにすることで、更にと飲みやすくなりました
しかしアイラ感がすこしスポイルされてしまってる印象もあるのでその辺りは好みですね。

ロックで飲んでみる

最後は氷を入れて頂きました。

氷を入れてもヨード系の香りはしっかりしていますね。
それにプラスして出汁っぽい(潮)香りもしてきました。

味わいはこれまたマイルドでバニラや甘みがきてほんのりスモーキーなフレーバーでずいぶんと飲みやすいです。

個人的はロックも全然アリですね。この出汁っぽい感じがアイラっぽくていいですね。

まとめ

という訳で今回はアイラミストをレビューしてみました。

アイラの個性は十分にあり、それを飲みやすくするためのブレンドのバランスが絶妙ですね。
特にウイスキーは好きだけどやっぱりアイラは苦手だなぁ…

そんな人にとってはアイラの良さや楽しさを感じれるウイスキーだと思います。

そんな訳でアイラに挑戦したいって人や、ラフロイグやボウモアで挫折してしまった人はアイラミストを一度試してみてはいかがでしょうか?

関連記事 2018年9月から新発売の予定があるウイスキーをまとめてみた。
関連記事 フロム・ザ・バレルをレビュー!ニッカの代表的コスパ最強ブレンデッドウイスキー

コメント