インスタやブログで使えそうな物撮り用のオシャレ板(背景)の作り方を紹介!

どうも物撮り大好きトコログです。

ブログといえばレビュー!レビューといえば商品写真の撮影!
という事でトコログはけっこう物撮りします、そして物撮り楽しいんですよね。

という事で色々と物撮りの背景紙とか買ったりもしているんですが、もうちょい変化をつけたい。
インスタやSNSで映えるようなのも撮りたい!

インスタなら木だ!

というとっても安易な考えで物撮りに使えそうな板を用意することにしました!

スポンサーリンク

なんかそれっぽいオシャレな板を作る

という事でなんかそれっぽいオシャレ板を作ることにしました。
やはり被写体に対して背景の雰囲気でイメージが大きく変わりますから手っ取り早く背景用の板を作ることに。

最初は木目の壁紙とか、フローリングを使うとか色々と考えましたが、やっぱり本物の木が一番良いだろうという事で木を使うことに。

という事でホームセンターに板を買いに行こうと思ったのですが、ちょうど杉板が家に余っていたのでそれを利用することにしました。

色はオシャレな雰囲気を出すためにワックスで色付をしようと思います。

準備したもの

  • 杉板
  • ビンテージワックス
  • ウエス
  • スポンジ
  • 紙ヤスリ(160・240)

以上です!めっちゃお手軽。
4000円くらいあれば板も含めて揃えれると思います。

若干のコストは掛かりますがワックスは色々と遊べるので楽しいですよ。
木の箱に塗ったり、作った棚に塗ったりとか色々と活躍。

ちなみに全部ホームセンターで手に入るのでホームセンターで一気に集めちゃうのがおすすめです。
杉板自体もかなり安く買えてカットもしてくれますよ。1×4のSPF材ならさらに安い。

ワックスに関してはブライワックスが定番で色も素敵なのですが、近所のホムセンに置いてないのでビンテージワックスをチョイスしました。こちらも良いワックスなのでおすすめですよ。

実際に作ってみる

という事で実際に作ってみたのですが、カメラにSDカードを入れ忘れたのでほとんど写真がありません……申し訳ないです(´・ω・`)

まずは板をカットする。

トコログが使っている机のサイズが750cm×400cmとすこし小さめのサイズです。
その机の上に置いて使おうと思っています。

という事でもう少し奥行きを出すために、750x600cmにする為に75×600mmの板を10枚用意することにしました。ちょうど杉板の長さが1200mmだったので半分でいい感じです。

トコログは今回のこぎりでカットしましたが、ホームセンターではカットサービスがあるのでそれらを利用すると良いでしょう。1820mmの板なら三等分で一枚600mmくらいの長さにできます。

杉板の表面をヤスリで整える

買ってきたままの板の表面は、油分や汚れが付着していたりしてワックスを塗っても綺麗に染み込みません。

という事で表面をある程度綺麗にします。
160番と240番の2種類の紙やすりで表面を整えました。

細かすぎてもワックスのノリが悪くなるので、程々の番手で良いみたいです。

杉板にワックスを塗り込む。

という事でワックスを塗り込んでいきたいと思います。
今回は写真に綺麗に映ればいいって事でワックス単体のお手軽フィニッシュにしてみました。

実際に塗ってみるとこんな感じです。ここらでSDカードの入れ忘れに気が付きました。

個人的にはスポンジが塗りやすいと思います。ウエスだけでも塗れますよ。

後は30分ほど乾かして、ウエスで拭きます。
その後24時間ほど乾かして、もう一度ウエスで拭き取れば完成です。

完成した杉板を並べてみた

まずは普段物撮り用に使っているテーブルを用意します。

その上に100円均一で買った滑り止めのマットを敷きます。

そして板を並べて完成!

適当にストロボを炊いてみるとこんな感じ。
カメラの角度や明るさで板の色合いが結構変わるので面白いです。

杉板の上で写真を撮ってみた

どうでしょう。ちょっとオシャレ感でてません?
商品レビューのサムネイルにいい感じです。

次は自家焙煎したコーヒー豆!
板の上に豆を並べることでそれっぽい!

観葉植物もいい感じに撮れますよ!
百均で買ってきたパキラを植え替えしました。

背景に白い壁や紙を使ってもいい感じです。
今回は背景スタンドにPVCバックペーパーを使いましたが、白い壁紙ならそれだけでOKです。

関連記事 iMakim’s PVCバックペーパーをレビュー!物撮りにオススメの背景紙!

ついでにスマホでも撮ってみました。

iPhoneは持ってないのでipod touch+自然光で撮ってみました。
ipod touchでこのクオリティ!最近のiPhoneならもっといい感じに撮れそう!

実際に作ってみた感想

それでは実際に作ってみた感想をいくつか書いてみたいと思います。

作るのはとても簡単

なんと言っても適当に買ってきた板にワックスを塗るだけなので非常に簡単です。
トコログは板のカットもしましたが、ホームセンターで買えばワンカット数十円でやってくれるので更に簡単に作ることができると思います。

ワックスの匂いが気になる

壁紙とかと比べワックスはそれなりの匂いが残ります。特にビンテージワックスやワトコオイルはニオイが残る印象があります。

個人的にはヴィンテージワックスのニオイは嫌な香りじゃないので良いかなって感じです。

ブライワックスなんかはすぐにニオイがしなくなるので、ニオイが気になるって方はブライワックスがオススメ。

色移りに注意

ニスで仕上げて無いので、強く擦ると色移りをする可能性があります。
普通に置いて撮影する程度ではうつりませんが、ゴシゴシと布とかで擦ると移る可能性があるので注意が必要です。

気になる方は水性ウレタンニスなどで仕上げてしまうのもありだと思います。

写真写りは壁紙とは違って本物の質感

やはり木目の感じや板と板の隙間は本物の質感を表現してくれてます。
壁紙だとやはり凹みの部分がプリントなので光の反射具合が均一で不自然な印象になったりします。

そういった細部にも拘りたい人にはおすすめです。

まとめ

ということで今回はオシャレ板の作り方を紹介してみました。

かなり簡単に作れるので、DIYとかの知識が無くても全然問題ないです!
それでいて、写真にしてみるとかなりいい感じ!
特に小物料理お菓子なんかは相性抜群だと思います。

Twitterやインスタグラムにブログなどにオシャレな写真をのせたいっ!って人は思い切って作ってみてはいかがでしょうか。

関連記事 インスタで使えそうな背景ボードをダイソーのリメイクシートで自作してみた!
関連記事 iMakim’s PVCバックペーパーをレビュー!物撮りにオススメの背景紙!
関連記事 Neewer T字型の背景サポートスタンドキットが省スペースで物撮りに便利!

コメント